テニス 環境

ダブルス

「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選

テニスの試合、プロ選手のプレーを動画でチェックすることは効果的なイメージトレーニングになります。

それでも、なかなか「どんな動画を観れば良いのか・・・」というのが、難しかったりしますよね。

今回は、ダブルスをテーマに「観て参考になるプロ選手の動画」を5つ集めてみました。

レベルが違うから・・・と考えず、参考になる部分はどんどん盗んでいきましょう。

特にポジショニングや配球、カウントごとのリスク管理など、とても勉強になるはずです!

 

「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選

 


 

1.積極的なポーチで前衛が動く!

まずは北京オリンピック男子ダブルスの決勝。

ブライアン兄弟はもちろん、フェデラー選手やワウリンカ選手の積極的なネットプレー、ポーチボレーは必見です。

前衛が動かし出すタイミングは、ぜひ参考にしてみて下さい!

【フェデラー ワウリンカvsブライアン兄弟 北京五輪ダブルス準決勝】

 

2.シングルスプレイヤーとダブルスプレイヤーのペアの戦い方

2015年デビスカップ決勝のダブルスは、面白い組み合わせに。

マレー兄弟とベルギーペアの戦いは、シングルスを主戦場とする選手とダブルスを主戦場とする選手のペア同士の戦いに。

動画を観て、どちらがダブルスプレイヤーか・・・分かりますか?

細かい配球やショットの特性が、見えてくるはずです。

【マレー:マレー vs ゴフィン: ダルシス デビスカップ2015 決勝 前編】

 

3.Iフォーメーションとペア間のコミュニケーションのお手本

国内の大会でも、たくさん見本になる試合はあります。

早稲田大学で行われたフューチャーズの大会では、学生ペアが積極的なIフォーメーションを用いたりする場面も。

ペアとのコミュニケーションの雰囲気やタイミング等、ぜひ参考にしてみて下さい。

フォーメーションプレーは、まずやってみることで相手が崩れてくれる、ダブルスの醍醐味です!

【早稲田フューチャーズ2015 国際テニストーナメント ダブルス決勝】

※視聴はコチラから

 



 

4.まずは観ておきたい、インターハイ女子ダブルス決勝

この記事を読んで頂いている読者には、高校生の方も多いと思います。

ですのでまずは、そのトップレベルの試合を観ておくことはとても大切。

観てもらいたいのは、やはり「ミスが多い」ペアが試合の中で勝つのが難しいという点。

逆に言えば、「いかにミスをさせるか・・・」が、ダブルスでも重要なポイントになりますね。

【2015 インターハイ テニス 女子ダブルス 決勝 ①】

 

5.ダブルスの醍醐味、ネットプレーのリズムが凄い!

最後は、ダブルスのプロらしい試合の動画を。

しっかりネットに詰める、そこにどうストロークが緩急で対抗するかは、ぜひチェックしてみて下さい。

派手なプレーの裏には、しっかりした準備と予測。

「次はどこに来る?来たら、どう返す?」というのを、アナタ自身で考えながら観てみるととても勉強になります。

【ブライアン兄弟vsボパンナ・インドペア】世界最高峰のダブルス!!【驚愕のボレー】【USオープン2010】 

 

いかがでしたか?

テニスの動画も、じっくり観ると本当に良い練習になります。

ボールを追うのではなく、しっかり選手のプレーを眼で追ってみて下さい。

ボールを打っていないときの動きが、テニスの試合では本当に大事です。

そしてぜひ、アナタ自身のテニスの試合の動画も、撮影してみて下さいね!

■より詳しく、動画でダブルスを学ぶならコチラ↓

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  3. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  4. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
  3. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶこと…
PAGE TOP