テニス メンタル

ダブルス

試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。

そんなときに、アナタはどんな言葉をかけることが出来ますか?

「変なこと言って、余計に調子を悪くさせたらどうしよう・・・」と思って、つい「ドンマイ!」みたいな言葉に終始しがちですよね。

それも悪くないのかも知れませんが、私なら何かひと工夫したい。

組みなれたペアでも、初めて組むペアでも、実は大事な要素って共通していると思います。

 

試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

 


 

■「うちらって、どういう試合したかったんだっけ?」という問いかけ

これは自分自身にも向けて、という自戒を込めて。

ペアが簡単なミスを繰り返す、ようなときにはまずこの確認から行っていく。

試合前に、話していたような内容と何が違うのか。

調子が悪いなら、それなりのテニスが出来るんじゃないの?という確認を行います。

全ては、目の前のポイントを獲って試合に勝つため。

ペアへの声掛けは、その確認が第一です。

 

■「ドンマイ!」って、より相手を緊張させる言葉かも・・・

私はあまり、「ドンマイ!」という言葉は使わないようにしています。

Don’t mind 心配するな!みたいな意味合いって、抽象的だしポイントを忘れさせようとしているだけ。

それよりは、「今の失敗をどう活かすか?」が大事です。

失ったポイントは、もう戻ってこない、活かすしか無いのです。

例えばフォアハンドの強打でミスしたなら、相手は「またミスさせよう・・・」と狙ってくるかも知れない。

そんなときにペアのアナタが、「多分相手はまたフォア、狙ってくると思うよ」と冷静に伝えてみる。

小さいきっかけが、調子を取り戻すきっかけになるかも知れません。

 

■いかに「冷静さ」を取り戻させて試合に集中させることが出来るか

どんな声掛けが有効か、を考えるときには、「結果的にどう導きたいか?」を意識したい。

私は、調子が上がらないペアに対してはとにかく冷静になって、相手に関心を置いて試合に入ってきてもらうように意識します。

調子が悪くて自分のことで頭がいっぱいになっているペアには、「今日の相手、大したことないよ」みたいなハッタリもかます。

すごく強い相手でも、「弱点見つけたんだけどさ、多分バックのリターンはずっとロブだよ」とか、ちょっとしたことを大げさに言ってみる。

そうすると、意識が対戦相手に向いて冷静になれる、なんてこともありました。

一つの手段ではありますが、自分のことでいっぱいいっぱいになっているペアには、早く戻ってきてもらいましょう。

 

試合が始まってみて、「ペアの調子が悪い」なんてことは、よくあること。

逆に自分自身でもそうですよね。

全てはアナタの想定内、にしないと試合では勝ち抜けない。

泥臭くても試合で勝ちを拾っていく、ために手段を選んではいられない。

色々試してみながら、せっかくのダブルスですから声掛け一つで雰囲気を良くしていける、そんな選手になりたいですよね。

アナタ自身、ちょっと考えてみるきっかけになると、嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう

    ダブルスの試合、前衛の仕事は相手にプレシャーをかけること。では…

  4. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

  6. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

特集記事

  1. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持…
  3. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっ…
PAGE TOP