テニス ダブルス

ダブルス

ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく

決して皮肉ではなく、事実だと思いませんか?

ダブルスの試合で、「ストレートケアしとくね!」と言った選手ほど、抜かれていく。

この問題、結構根深いです。

逆に気付いた人から、ダブルスが上手く、強くなっていくでしょう。

 

ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく

 


 

1.結論、「参加する意志が無い」からボールに触れない

恐らく、「なるべく、自分の方に飛んで来ないで欲しい・・・」と、どこかで思っている。

だから急に打たれても、触れる場所にいたとしても、触れない。

ミスへの恐怖心が先立つので、触ったとしても有効な返球が難しい。

そして、相手から狙われ続ける・・・という悪循環にはまってしまう。

もしかしたら、誰しもが経験のあることなのかも知れませんね。

私だって、前衛で何をして良いか分からなくなってパニックになったこと、何度もあります。

 

2.ストレートケアとは、ケアではなく「待ち伏せ」である

そう、「待ち伏せ」です。

相手を罠にはめる、ストレートに打って来たら自分から攻撃する。

どこに攻撃していくのか、というのもしっかりイメージを持っておかないとダメ。

前に落とすのか、相手前衛を攻撃するのか、厳しいストレートなら一回相手後衛に返すのか・・・。

どの程度、イメージ出来て「待ち伏せ」出来ているかが大事です。

何も考えないでいるから、手も出ないでストレートを抜かれてしまうんです。

 

3.待っていてもボールは来ないし、試合の流れも呼び込めない

前衛で、待ちの態勢は致命的。

待てど暮せど、ボールは基本飛んで来ません。

そんな気持ちで待っていると、たまにストレートに打たれて触れない。

もっと積極的に、自分でラリーに絡んでいく。

ストレートに待ち伏せるポイントはあって良いけど、それも攻めの姿勢で、あくまで待ち伏せ。

ちょっとした意識で、絶対に前衛のプレー、存在感は変わると思いますよ。

 

よく考えてみて下さい。

前衛が触るポイント、触らないポイント。

どっちが得点につながりそうですか・・・?

「だって、触ったらボレーミスばっかりで・・・」という人も、いるでしょう。

でも相手は、「また触られた・・・危なかった・・・」と思っているかも知れない。

少なくとも、ストレートケア、という言葉からは卒業していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  2. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

    ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。基本的には、穴は3つあ…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?

    テニスのダブルスの試合、よくあるケースだと思います。相手が意図…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き

    メンタル

    テニスの試合が上手く進んでいるときの心理状況って、どんな感じなのかまとめておこう…
  2. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  5. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント
PAGE TOP