テニス 前衛

ダブルス

「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

ダブルスの試合は、相手コートに2人。

前衛もいる中で、サーブが強烈な相手だとリターン側にかなりプレッシャーがかかります。

しかもサーブ&ボレーで並行陣を敷いてくる相手に、どう対抗すれば良いか・・・。

今回は、スライスで足元に低く沈める「ディンクショット」の有効性を考えてみましょう。

 

「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

 


 

■速くて正確なサーブを、足元にコンスタントに沈めるのは困難

ディンクショットは、「遅らせる」為のショット。

スライス回転のリターンを、サーバー側の足元に沈めるのが狙いです。

このメリットはボールスピードを抑えることで、リターン後に態勢を立て直すことができる点。

まずは1球目をしっかり返して、その次のボールから落ち着いてリターン側も展開していくことができます。

 

■スライスはラケットヘッドを立てることで、効果的なディンクショットに

良いサーブは、スライスで「抑え込む」必要があります。

腰が引けてラケット面が上を向くと甘いロブになってしまいますので、打球に対してはしっかり踏み込んで上からラケットを入れていく。

その際に、ボールの下ではなく横を捕えるイメージが重要。

横回転を与えることで、浮かないで沈んでいく効果的なディンクショットになってくれます。

女性の方でも、両手バック等で有効なショットなのでぜひ練習してみて下さい。

 

■ポーチに出られるようであれば、ストレートロブを見せておく

スライスだから、打ちやすい!

だけれども相手の前衛はきっとポーチを狙ってくるでしょう。

そこでまた、スライスの利点を活かせます。

いつでもストレートロブへの切り替えがしやすい、これが一番のお勧めポイントです。

スピン系ですと急にロブに変更、というのは難しいですが、スライスでは可能です。

前衛を手玉に取れるような、リターンを身に付けると試合は勝ったも同然ですね。

 

ダブルスの試合巧者は、とにかくスライスが上手い。

同じ構えからクロスに沈めて、ストレートにロブを上げる。

この黄金の組み合わせを、ぜひアナタも磨いてみて下さい。

学生の皆さんは、自分がサーブ側のときにやられたら・・・嫌ですよね?

このリターンの対策も、自分なりに考えておいた方が良いでしょう。

格上のダブルス相手に、ぜひまずはリターン側としてこのディンクショットを使えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

    ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。…

  3. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

    ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。「これは、邪魔出…

  4. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?

    ダブルスの試合で、「勝てないんです…」と悩んでいるペアの方から相談を…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする

    ダブルスの試合、コンビネーション良く攻撃していくために。必要な…

  6. ダブルス

    沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい

    ダブルスの試合で、相手が並行陣の時に。相手の足下に沈めて、そ…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    相手の打ちそうなボール、イメージ出来てる?
  2. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている
  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  4. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ
  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
PAGE TOP