テニス 前衛

ダブルス

「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

ダブルスの試合は、相手コートに2人。

前衛もいる中で、サーブが強烈な相手だとリターン側にかなりプレッシャーがかかります。

しかもサーブ&ボレーで並行陣を敷いてくる相手に、どう対抗すれば良いか・・・。

今回は、スライスで足元に低く沈める「ディンクショット」の有効性を考えてみましょう。

 

「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

 


 

■速くて正確なサーブを、足元にコンスタントに沈めるのは困難

ディンクショットは、「遅らせる」為のショット。

スライス回転のリターンを、サーバー側の足元に沈めるのが狙いです。

このメリットはボールスピードを抑えることで、リターン後に態勢を立て直すことができる点。

まずは1球目をしっかり返して、その次のボールから落ち着いてリターン側も展開していくことができます。

 

■スライスはラケットヘッドを立てることで、効果的なディンクショットに

良いサーブは、スライスで「抑え込む」必要があります。

腰が引けてラケット面が上を向くと甘いロブになってしまいますので、打球に対してはしっかり踏み込んで上からラケットを入れていく。

その際に、ボールの下ではなく横を捕えるイメージが重要。

横回転を与えることで、浮かないで沈んでいく効果的なディンクショットになってくれます。

女性の方でも、両手バック等で有効なショットなのでぜひ練習してみて下さい。

 

■ポーチに出られるようであれば、ストレートロブを見せておく

スライスだから、打ちやすい!

だけれども相手の前衛はきっとポーチを狙ってくるでしょう。

そこでまた、スライスの利点を活かせます。

いつでもストレートロブへの切り替えがしやすい、これが一番のお勧めポイントです。

スピン系ですと急にロブに変更、というのは難しいですが、スライスでは可能です。

前衛を手玉に取れるような、リターンを身に付けると試合は勝ったも同然ですね。

 

ダブルスの試合巧者は、とにかくスライスが上手い。

同じ構えからクロスに沈めて、ストレートにロブを上げる。

この黄金の組み合わせを、ぜひアナタも磨いてみて下さい。

学生の皆さんは、自分がサーブ側のときにやられたら・・・嫌ですよね?

このリターンの対策も、自分なりに考えておいた方が良いでしょう。

格上のダブルス相手に、ぜひまずはリターン側としてこのディンクショットを使えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

  2. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

  5. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

    ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。後衛がストロークで打ち合っ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

    ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない
  4. その他

    サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから…
  5. テニス チャンス

    戦術

    実力ありきの作戦、だけでは勝てない
PAGE TOP