テニス ボレー

ストローク

本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

ネットに出て来た相手には、足下を狙う。

テニスにおける鉄則ですよね。

試合の中ではある程度沈めておけばOKですが、もっともっと、進歩させていきたい。

本当に返球し辛い、ボレーし辛い足下ってどこなのか。

こういう考えを持っている人は、どんどん強くなります。

 

本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

 


 

1.普通に足下だと・・・返される

足下、と一言で言っても様々。

受け取り方も人によって違うでしょう。

膝より下が足下、と考えている人もいれば、腰より下をザックリ足下、と思っている人もいる。

どちらも、確かに沈められると厳しいですが、それでも返球には慣れた場所だと思いませんか?

普通の足下、なら返球される。

こう考えておいて、損は無いですよ。

 

2.ハーフボレーさせてこそ、こちらにチャンスが来る!

出来れば、ハーフボレーさせたい。

相手に、ノーバウンドボレーはさせたくないんです。

ネットから2メートル以上離れた位置、でのボレーなら、積極的に狙って良いと思います。

相手の前で、バウンドさせる。

こういうボールを、しっかりと処理出来る選手は少ないですから。

足下を狙うんじゃなくて、もっと手前を狙う。

ちょっと怖いですけどね。

必要なのは、「ボールの遅さ」です。

 

3.速いボールは、相手に届いてしまう

実際に、沈めるボールでも速いボールは相手にノーバウンドで届きます。

だから、返球されてしまう。

チャンスで足下に打ち込んでいるつもりが、相手にとって返しやすいボールになっていることはよくあります。

必要なのは、遅いボール。

スライスでもスピンでも、相手の手前で失速して、バウンドする。

こういうボールは、試合で有効です。

リターンでもストロークでも、相手の前に落とすという意識ですね。

そこからチャンスを引き出して、攻撃していくのが効果的でしょう。

 

4.足下でエース、は必要無い

私も、あくまでチャンスメイクが狙いでプレーしています。

相手の足下、に打ってチャンスを引き出す。

エースを狙ったら、伸び過ぎてアウトか直線的過ぎてネットにかかるのがオチ。

ボレーヤーの足下狙いでミス、なんて相手の思うツボ。

遅いボールでバウンドさせて、泳がせる。

これを狙っていきましょう!

 

ハーフボレーは、なんだかんだで難しい。

特に試合で緊張感のある場面では、打たせることが有効です。

低いボールは、速くは打てない。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか…

  2. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

  5. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう…

  6. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です

    深いストロークの返球、試合では難しいですよね。ボールの威力が凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    水分補給

    「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!
  2. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!
  3. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう
  5. テニス ミス

    メンタル

    「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメ…
PAGE TOP