テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で、「ドロップショットが拾われて決まらない・・・」人は、回転の質をチェックしてみましょう

シングルスの試合、生粋のストローカーを相手にしたときには、前のスペースを有効に使いたい。

ドロップショットが打てれば苦手なネットプレーに引っ張り出すことも出来ますし、試合の流れを変えることもできるでしょう。

ですがドロップショットは、甘くなると叩かれてしまうので怖い・・・というイメージ、ありますよね?

どうしても拾われてしまうという人は、ショットの回転の質に目を向けて改善していきましょう

 

テニスの試合で、「ドロップショットが拾われて決まらない・・・」人は、回転の質をチェックしてみましょう

 


 

■ドロップショットは、スライス回転をしっかりかける

力を加減して、ドロップショットを打とうとすると難しくなります。

短いボールを打つ為にラケットを止める、というイメージで打とうとすると、大事な場面で力の調整が難しいですよね。

ポイントは、回転の質。

しっかりスライス回転がかかっているかどうか、が成功の鍵を握ります。

バウンドして、相手コートへの勢いが失速するようなショットに仕上げていけば、自信を持って打つことが出来ます。

具体的なコツは・・・どんな部分が大事になるのでしょうか。

 

■ラケットは上から下に、しっかり振ろう!

スィングは、しっかりスライス回転をかける為にも上から下に振る動きが必要です。

コツとしては、フォロースルーを前に出さずに、下でラケットを止めて終わるようなイメージが大事。

スライス回転がしっかりかかっていれば、まずはOK。

いきなり短いショットを打とうとせずに、しっかり回転がかかることを確認しましょう。

普段の練習の中で、トップスピンでラリーしつつ、いきなりスライスのグリップに変更できますか?

試合の中でドロップショットを使うにはニュートラルなグリップで待てるように、普段から意識して練習する必要があります。

 

■打った数だけ上手くなる!どんどんトライしてみよう!

ドロップショットは、数を打たないと上手くなりません。

ぜひ、自分の中で特別な期間を設けて「この期間は3往復までにドロップショットを混ぜる!」という、強引な期間を作って練習してみましょう。

当然失敗する機会も多いと思いますが、まずは打ってみて、相手がどういう反応を示すのか、自分のスライス回転はどうバウンドしていくのかを確認することが、上達への第一歩。

打つこと、試合で使うこと、それ自体がまずは成功という意識を持ちましょう。

しっかりラケットを振って、回転をかける、というイメージを持っていると身体を動かして打ちやすいはずです。

 

ベースラインのかなり後方で構える選手に対しては、前を意識させないと延々粘られます。

粘っている相手に対して、「攻撃をさせる」くらいの感覚を持てると、ドロップショットのハードルも下がりますよね。

あとは、いかに相手から「ここで打つのか!」と思う場面、タイミングで繰り出せるかどうか。

そのときに、しっかりスライス回転がかかっているかどうか。

まずはチャレンジのつもりで、色々試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい

    試合をしていて、感じること。「あ、この相手は苦労して来てないな…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

    この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です

    身長が高いテニス選手、それだけでプレッシャーに感じますよね。特…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・

    ストロークの時、足からパワーをもらってボールを打つんだけど、前足と後ろ…

  5. テニス リターン
  6. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です

    ショートクロスを試合の中で使っていく。テニスの試合に出ている人…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  2. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
  3. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4…
  4. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
  5. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの
PAGE TOP