テニス ボレー

スマッシュ

テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう

スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージがあります。

しかし実際の試合では、相手のロブが浅くなるようなケースも多く、今自分がいる位置から前に移動して打つような場面も多い。

そんなときに、態勢が崩れてしまってミスしてはもったいない・・・。

ということで、今回は前方向に移動しながら浅いロブをしっかりスマッシュする技術について、確認しておきましょう!

 

テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう

 


 

■浅いロブこそ、油断しない!

ロブが浅いと、どこか心に隙ができてしまう人は多いような気がします。

しかしもちろん、アナタ自身がホッとしている時間は、ありません。

浅いと判断したらすぐにサイドステップの準備をしてラケットを頭の横にセット、の態勢を作ってボールに向かっていきましょう。

焦って打ちにいくと、打点が前になりすぎて腰を折ってしまうようなスィングになることも。

まずはしっかり気を引き締めて、コース重視で良いスマッシュを打てるように意識しましょう。

 

■ワンバウンドさせる、高い打点のストロークに切り替える、の判断を早く

浅いロブで高さがあれば、まず一度しっかりコート上に落としてからスマッシュを打つことも有効な手段。

ストロークに自信がありオーバーヘッドショットに苦手意識がある方は、ストロークの高い打点からの打ち込みに切り替えても良いでしょう。

とにかく、この判断を早く・・・です。

オムニコートはボールが弾みませんし、ハードコートでは逆に弾み過ぎて困ることにも繋がります。

 

■浅いスマッシュこそ、コース重視で

浅いボールのスマッシュですから、アナタの立ち位置は比較的ネットに近い位置にいるはず。

その場所であれば、しっかり角度を付けて相手をコートから追い出したい。

身体が正面を向いていると、打てるコースが限られますのでしっかり肩を入れること。

そしてラケットの振りは小さくしてコンパクトなスマッシュになるように意識すれば、きっと確実にポイントにつなげていけるでしょう。

 

普段の練習から、グランドスマッシュや甘いボールのスマッシュ練習、しっかりできていますか?

ネットタッチから厳しい、深いロブのスマッシュ練習ばかりになってはいませんか?

簡単なチャンスほど、しっかり打ち切る練習を意識して行いましょう。

浅いスマッシュをミスしたときには、試合の流れが変わる。

そうならないように、しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュは「打つだけ」で、相手へのプレッシャーになる

    打つだけで、相手のプレッシャーになる。それは、スマッシュの大き…

  2. スマッシュ

    スマッシュがしっかり振り切れない人は、「反対の手でラケットをキャッチ」する癖を付けよう!

    スマッシュを振り切る、ことの難しさ。試合に出ている方なら、結構…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

    スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

    スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多い…

  5. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由
  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  3. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず…
  4. テニス テニスボール

    メンタル

    悔しいという感情を表に出すことは、恥ずかしいことでも何でも無い
  5. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時
PAGE TOP