テニス ボレー

スマッシュ

テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう

スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージがあります。

しかし実際の試合では、相手のロブが浅くなるようなケースも多く、今自分がいる位置から前に移動して打つような場面も多い。

そんなときに、態勢が崩れてしまってミスしてはもったいない・・・。

ということで、今回は前方向に移動しながら浅いロブをしっかりスマッシュする技術について、確認しておきましょう!

 

テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう

 


 

■浅いロブこそ、油断しない!

ロブが浅いと、どこか心に隙ができてしまう人は多いような気がします。

しかしもちろん、アナタ自身がホッとしている時間は、ありません。

浅いと判断したらすぐにサイドステップの準備をしてラケットを頭の横にセット、の態勢を作ってボールに向かっていきましょう。

焦って打ちにいくと、打点が前になりすぎて腰を折ってしまうようなスィングになることも。

まずはしっかり気を引き締めて、コース重視で良いスマッシュを打てるように意識しましょう。

 

■ワンバウンドさせる、高い打点のストロークに切り替える、の判断を早く

浅いロブで高さがあれば、まず一度しっかりコート上に落としてからスマッシュを打つことも有効な手段。

ストロークに自信がありオーバーヘッドショットに苦手意識がある方は、ストロークの高い打点からの打ち込みに切り替えても良いでしょう。

とにかく、この判断を早く・・・です。

オムニコートはボールが弾みませんし、ハードコートでは逆に弾み過ぎて困ることにも繋がります。

 

■浅いスマッシュこそ、コース重視で

浅いボールのスマッシュですから、アナタの立ち位置は比較的ネットに近い位置にいるはず。

その場所であれば、しっかり角度を付けて相手をコートから追い出したい。

身体が正面を向いていると、打てるコースが限られますのでしっかり肩を入れること。

そしてラケットの振りは小さくしてコンパクトなスマッシュになるように意識すれば、きっと確実にポイントにつなげていけるでしょう。

 

普段の練習から、グランドスマッシュや甘いボールのスマッシュ練習、しっかりできていますか?

ネットタッチから厳しい、深いロブのスマッシュ練習ばかりになってはいませんか?

簡単なチャンスほど、しっかり打ち切る練習を意識して行いましょう。

浅いスマッシュをミスしたときには、試合の流れが変わる。

そうならないように、しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  2. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  4. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない

    皆さんは、テニススクールでこんな経験、無いですか?コートをネッ…

  5. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

    ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。こういう陣形の…

特集記事

  1. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
  2. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に
  3. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー
  5. テニス スライス

    フットワーク

    「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でも…
PAGE TOP