テニス スマッシュ

スマッシュ

テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

テニスの試合結果を左右する大きなポイント、いくつかありますが、厳しいロブをスマッシュで打ち込んでポイントに出来たときに流れは大きく変わります。

トッププロ選手はもちろん予測力、脚力共に優れているのでさすが・・・という感じですが、一般の我々が真似するのは厳しい部分でもあります。

今回は、とにかく速くボールに先回りして厳しいロブへ対処する、その為の目線の作り方について考えてみましょう。

 

テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

 


 

■トップレベルの試合では、絶妙なロブ対スマッシュの攻防に

上のレベルの試合になれば、厳しいロブにスマッシュで対抗するポイントが増えてきます。

それも、スライスロブではなくてトップスピンロブ。

早い判断と、無駄の無い動きで仕留めにかからなければ、相手にどんどんつけ込まれてネットプレーが厳しくなってくるでしょう。

そうなる前に、「スマッシュは得意だぞ!」という部分を、相手に見せ付けておく必要があるのです。

 

■ボールから目線を切る勇気が、アナタにありますか?

ロブを上げられたらよく見ながら落下点に移動・・・が、もちろん基本です。

ですが思い切って、ボールから一瞬目をそらしてしっかり後ろに下がってみる。

そしてまた見上げてボールを確認して、スマッシュを打つことができれば、移動距離は長く伸びるはずです。

「いやいや、そんなことやったら落下点間違えたらどうするの?」と思うかも知れませんが、そこは予測のトレーニングでカバーしましょう。

相手のロブが打ち出された瞬間に、どの場所に落ちるのか、しっかり自分で判断できればこの作戦は8割成功です。

 

■テニスの試合に勝ちたければ、守備範囲を広げたい強い意志が不可欠

試合の勝敗を分けるのは、守備力、守備範囲であることが多い。

もちろん攻撃力も大事ですが、力で抑え込むようなテニスで勝てる選手は少ないですし、現代のテニスはラケット性能も優れているので、返球できる力は初中級者でも高い。

相手の強引な攻撃をしのぎ、結果ミスのような形でポイントできる場面が増えていけば、テニスの試合は勝てます。

 

今回の「目線を切って追いかける」という技術は、スマッシュ以外にも活用できます。

本当に厳しいロブで抜かれたときには、実際皆さんも目線を切って、ボールを追いかけるように全力疾走しますよね?

それを一瞬のうちにやってしまうようなイメージで、このスマッシュにも取り組んでみて下さい。

結果的に、ポイントを失っても大丈夫

相手は良いロブに「触られた」というだけでも、かなり印象が違うはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  2. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  4. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない

    皆さんは、テニススクールでこんな経験、無いですか?コートをネッ…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  6. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

特集記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう
  2. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
  3. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
  4. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
PAGE TOP