テニス スマッシュ

スマッシュ

テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

テニスの試合結果を左右する大きなポイント、いくつかありますが、厳しいロブをスマッシュで打ち込んでポイントに出来たときに流れは大きく変わります。

トッププロ選手はもちろん予測力、脚力共に優れているのでさすが・・・という感じですが、一般の我々が真似するのは厳しい部分でもあります。

今回は、とにかく速くボールに先回りして厳しいロブへ対処する、その為の目線の作り方について考えてみましょう。

 

テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

 


 

■トップレベルの試合では、絶妙なロブ対スマッシュの攻防に

上のレベルの試合になれば、厳しいロブにスマッシュで対抗するポイントが増えてきます。

それも、スライスロブではなくてトップスピンロブ。

早い判断と、無駄の無い動きで仕留めにかからなければ、相手にどんどんつけ込まれてネットプレーが厳しくなってくるでしょう。

そうなる前に、「スマッシュは得意だぞ!」という部分を、相手に見せ付けておく必要があるのです。

 

■ボールから目線を切る勇気が、アナタにありますか?

ロブを上げられたらよく見ながら落下点に移動・・・が、もちろん基本です。

ですが思い切って、ボールから一瞬目をそらしてしっかり後ろに下がってみる。

そしてまた見上げてボールを確認して、スマッシュを打つことができれば、移動距離は長く伸びるはずです。

「いやいや、そんなことやったら落下点間違えたらどうするの?」と思うかも知れませんが、そこは予測のトレーニングでカバーしましょう。

相手のロブが打ち出された瞬間に、どの場所に落ちるのか、しっかり自分で判断できればこの作戦は8割成功です。

 

■テニスの試合に勝ちたければ、守備範囲を広げたい強い意志が不可欠

試合の勝敗を分けるのは、守備力、守備範囲であることが多い。

もちろん攻撃力も大事ですが、力で抑え込むようなテニスで勝てる選手は少ないですし、現代のテニスはラケット性能も優れているので、返球できる力は初中級者でも高い。

相手の強引な攻撃をしのぎ、結果ミスのような形でポイントできる場面が増えていけば、テニスの試合は勝てます。

 

今回の「目線を切って追いかける」という技術は、スマッシュ以外にも活用できます。

本当に厳しいロブで抜かれたときには、実際皆さんも目線を切って、ボールを追いかけるように全力疾走しますよね?

それを一瞬のうちにやってしまうようなイメージで、このスマッシュにも取り組んでみて下さい。

結果的に、ポイントを失っても大丈夫

相手は良いロブに「触られた」というだけでも、かなり印象が違うはずです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

    特にダブルスの試合、ではこの意識が大事。無理に決めよう、として…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  4. テニス ボレー
  5. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫

    スマッシュミスが多いと、自信が無くなくなってくる。入れようと思…

特集記事

  1. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  2. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には…
  3. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう
  4. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?
PAGE TOP