テニス ポジショニング

スマッシュ

「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、とても手堅いテニスを身上にしている方が多い。

そんな手堅いダブルスに、学生ペアがミスを誘われて負けてしまう・・・といケースも、市民大会だとよく見受けられますね。

手堅さは強みとはいえ、安全策ばかりでは格上の選手に勝つことは難しい。

今回は、ハイボレーに頼りがちのオーバーヘッドのボールに対して、「なるべくスマッシュ」で打っていきたい。

そんな意識で、読んでみてください!

 

「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

 


 

1.ストロークが得意な相手に、つなぎは禁物

現代のテニスでは、ラケットやガットと共にストロークの技術がどんどん進歩しています。

日本ではテニスはオムニコートが主体ですので、ただでさえ球足が遅くストロークが有利になりがち。

そんな環境で、「つなぎ」ばかりに徹していると、非常に危険です。

どこかでスマッシュを打っていく姿勢に切り替えないと、相手はアナタの「ハイボレー」に逃げ続けてくるかも知れません。

 

2.どこかで殻を破らないと、スマッシュ技術は身に付かない

「スマッシュは苦手・・・」という意識は、今日限りでおさらばしましょう。

ロブが上がった瞬間に、頭の中では「よし来た!」という言葉をイメージする。

「お願い!」は絶対に言わない、そんな期間を特別に設けても良いでしょう。

とにかく色々工夫して殻を破らないと、まず失敗をたくさんする、という段階にいけません。

アナタの勇気が試されているのです。

 

3.ダブルスのアドサイドでは、後衛は積極的にスマッシュを!

右利きの方であれば、アドサイドの後衛はチャンスです。

深いボールでもフォアのハイボレーで凌ぐケースは極力減らし、スマッシュを打ち込む癖を付けましょう。

その際には、前衛としっかり事前に話をしておいて「今日は打つから、低い態勢でチェンジして欲しい」という打ち合わせをしておきましょう。

シングルスの試合でも同様です。

あえて自分の利き腕の側は少し空けておいて、ロブを誘うくらいの意識を持って下さい。

 

4.スライススマッシュなら、初中級者でも意外と楽に打てる

スマッシュはフラットでスピード勝負、と考えると非常に辛い。

スライスに切り替えるだけで、学生や初中級の方でも意外と楽にコントロールできます。

打点が低めでも対応しやすく、ボールのスピードも出辛いので戻る時間も稼げます。

 

スマッシュを積極的に打ってくる選手は、相手にとってもプレッシャーです。

もちろんミスしてしまうケースもあるでしょう。

それでも、ハイボレーでひたすら返球し続けている選手よりは、打ってくる相手が嫌ですよね。

こうして身に付けたスマッシュへの姿勢があれば、他のプレーも積極的になれる、そんな不思議な力がスマッシュにはあります。

まずは試合の中で、しっかり打っていく習慣を付けましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  2. スマッシュ

    グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

    打つ前に、自分にすごく余裕がある時。こういう時の方が、なんだ…

  3. テニス ボレー
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

    上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。これが一番差になる…

  6. スマッシュ

    スマッシュがしっかり振り切れない人は、「反対の手でラケットをキャッチ」する癖を付けよう!

    スマッシュを振り切る、ことの難しさ。試合に出ている方なら、結構…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  2. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに…
  3. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は?
  5. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある
PAGE TOP