テニス イベント

その他

テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう

私自身、中学高校と全国大会とは無縁だった。

大学は体育会に入ったけど、そのときは関東5部。

この関東5部、というのも強さがよく分からなかったけど、どうやら推薦入試で全国ベスト4の選手が同級生にいるらしい、ということは聞いていた。

実際に会ってみると、本当にビックリ。

まるで別な競技をしているかのような衝撃、がそこにあったことを昨日のことのように覚えています。

 

テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう

 


 

■アウトのボールをガンガンスマッシュで打っていく

まずビックリしたのが、ネットプレーでの守備範囲の広さ。

インかアウトか微妙なボールは全部スマッシュで打ち抜く。

ネットに詰めた状態から、ベースライン後方にアウトするんじゃないか・・・というロブまで、打ち抜く。

それを当たり前のように、何十球もミス無くこなす。

「そりゃ、強いわ・・・」と、言葉も出なかった。

どんな練習を高校時代にしていたのか、もう根掘り葉掘り聞いて質問攻めにしたのを思い出す。

 

■もし中学生時代に、こんな出会いがあれば・・・

とにかく、後悔しました。

広島の田舎町でテニスをして、自分は中高と何も周りを観ようとしなかった。

国体も行われていなのに、テニス競技を観に行こうとも思わなかった。

少しでも若いうちに「本物」に触れていれば、何か違ったかも・・・と、今でも思います。

まぁ、言い訳でしかないのですが。

だからこそ、このサイトを観て頂いている中学生、高校生の皆さんは、ぜひ経験して欲しい。

県内TOP、じゃなくてその更に先のテニスを観る機会、を持って欲しい。

きっとテニス観が変わるはずです!

 

■全国どこにいても、本物のテニスは観に行ける!

今年であれば、インターハイは島根県、春の選抜団体戦は福岡県で実施されました。

大阪では全日本ジュニア、有明では全日本選手権もあり、国体は東北で行われる。

そう、もっと言えばアナタの地元でもJOP大会や国内トップレベルの試合は行われている可能性が高い。

ぜひ、現場で試合を観に行って欲しい。

試合開始前、にも会場に入って、ぜひ練習風景も観て欲しい。

何が自分たちと違うのか、を感じることが成長につながるはずです。

 

「レベルが高過ぎる人のテニスを観ても、参考にならない」と言う人がいます。

参考にして、何になるのでしょう。

何かを感じて、衝撃を受けて、自分で考えて成長につなげていく。

参考にしているくらいで、テニスは上達しません。

それだと、評論家かぶれになるだけ。

さぁ、直ぐに観に行きましょう。

今日という日が、アナタにとって人生で一番若い日なのだから。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

  2. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  3. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高めよう

    部活やサークルでテニスを頑張っている皆さん、このサイトをご覧になってい…

  4. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  5. テニス 雪

    その他

    もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

    テニスを続けていれば、楽しいことも辛いこともある。「若いうちは…

  6. その他

    〇〇しないといけない、という考え方

    セカンドサーブは、入れないといけない。リターンはクロスに打た…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう
  2. テニス知識

    何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
PAGE TOP