その他

都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを預けてみては?

みなさんも、こんな経験無いですか?

試合が終わって、都内で待ち合わせ。

でもちょっと時間があるから、街をブラブラしたいけど・・・「ラケットバッグが大き過ぎて、持ち運びに困る」なんてこと。

買い物も出来ないし、そもそも都内で人が多い場所を歩く、移動するのも難しいですよね。

じゃあ、どこかに預けるかと言えば・・・コインロッカーがある駅も少ないし、ラケバサイズの空きがあることって少ない。

結構、こういう問題ってみなさん経験済、じゃないですか?

 

都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを預けてみては?

 

1・コインロッカー、いつも空いてない・・・

そもそも、土日ってなかなか空いてないですよね。

それにラケバって、大きいから普通のサイズのロッカーには入らない・・・。

無理やり詰め込んで、ラケットを痛めるのも怖いですし。

 

出典:sakae-shop.co.jp

 

大きな主要駅、にしか無いコインロッカーを使うのは難しい。

でも、ラケバを持って都内をウロウロ、ご飯を食べるお店を選ぶのも億劫になってしまうのはもったいない。

だったら、今話題の「ecbo cloak」というサービス、使ってみませんか?

 

2.お店の空きスペースに、荷物を預けられる「ecbo cloak」

良く出来たサービス、だと思いますよ。

今まで、こういうの誰も気づかなかったのかな・・・と。

仕組みは簡単で、都内で開いているお店が自分の荷物、を預かってくれるというもの。

コインロッカーのように無理やり詰め込む必要も無く、余裕を持って預かってくれます。

カフェやヘアサロン、飲食店など、いつものお店でスペースに余裕があるところ、がたくさん利用先のとして登録されています。

 

 

使い方は、簡単。

1.預け場所を探す(場所と条件を検索)

2.預け場所を予約(荷物の個数と日時)

3.荷物を預ける

4.荷物を引き取る

 

出典:cloak.ecbo.io

 

これだけ、で完了です!

コインロッカー感覚、でお店に荷物を預ける事が可能なのが嬉しいですね。

 

3.予約出来る点とカード決済が便利

コインロッカーより便利なのが、この機能でしょう。

事前に予約出来るので、試合が終わってからコインロッカーを探す手間も無い。

それに、登録してあるカードから決済が可能なので、小銭の準備も必要無し。

鍵を持ち歩かないで良い、のも嬉しいですよね。

車移動が多い方は必要無いと思いますが、テニスの試合に電車で行く、その後ご飯を都内で食べる・・・ような時に、利用してみると便利だと思います。

チェックアウト、までには必ず受け取りに行くのを忘れないようにすれば、すごく使いやすいと思いますよ。

都内でも、結構多くの場所が利用先として登録されています。

 

出典:cloak.ecbo.io

 

事前に会員登録しておけば、いざという時に助かるかもしれません。

当日の検索、利用もOKな「ecbo cloak」、気になった方はぜひ調べてみて下さいね。

これからも、テニスプレイヤーのみなさんに役立ちそうな情報、ピックアップしていきます。

■公式サイトはコチラ

 

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

  2. テニス チェア

    その他

    テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

    テニスの試合会場で、待ち時間が長いと・・・それだけで疲れちゃいますよね…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

    日本には「基本を大事にする」という文化が、スポーツ界には根強い。…

  4. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

  5. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について

    海外に初めて行ったのは22歳の時。アメリカに3ヶ月間行ったんだ…

  6. テニス 環境

特集記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう
  2. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  3. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう
  4. テニス 雪

    その他

    もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベ…
  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?
PAGE TOP