テニス メンタル

その他

テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。

プロ野球チーム、楽天イーグルスのオコエ選手が積極的に対戦相手のチームの選手に、教えを乞うているという内容。

もちろん、商売敵の対戦相手ですから賛否両論あるでしょうが、私はこういった意識は手にうs会でも必要だと思っています。

試合をした、一度練習した相手には、ぜひ積極的に自分からアプローチして欲しい。

なぜなら、それこそ試合で強くなる、経験を積めるアナタのバックボーンになるからです。

 

テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

 


 

■試合で負けた相手に、話しかける勇気はありますか?

私も正直、いつも出来る訳ではありません。

悔しいけど、自分より強い相手、に「ありがとう御座いました。今度良かったら、練習ご一緒しませんか・・・?」なんて言葉をかけてみる。

相手からすれば、悪い気はしないですよね。

テニスって、一人だと壁打ちくらいしか出来ない。

だからこそ、自分でネットワークを拡げていくような動き、意識は必要なのです。

 

■「女性はすごい」と思うのは、すぐに人と仲良くなれるから

テニススクールなんかを客観的に観ていると、男女の差が出るのがネットワーク作り。

女性の方は比較的、すぐ周りの人と仲良くなるし会話できるようになる。

男性って、なかなかそこが出来ないんですよね。

でも、試合に勝ちたい、アナタも強くなりたいなら、ぜひ自分から飛び込んでほしい。

ちょっと自分が入るにはしんどいかな、と思うようなレベルの人と、練習や試合を出来る環境に入っていく。

これが一番、テニスの試合に勝てる、実力を付ける為には必要な要素です。

 

■自分から動けば、世界は変わってくる

不思議なもので、積極的になればなるほど、テニスにも良い影響が出てくる。

私生活、オフコートでの活動って、全部オンコートでの試合に影響するんですよね。

ちょっと勇気を出すような癖がつけば、試合でもきっと勝負強くなる。

テニスの良いネットワークを作る、のはアナタ次第。

難しく考える必要はありません。

今いる仲間、だけじゃなくてどんどん、外の世界に出ていきましょう。

きっとその活動は、アナタの財産になるはずです。

 

一番有効な機会は、まず試合です。

「試合をやってから仲良くなり、練習を一緒にするようになった」という声は、本当にテニスの醍醐味です。

小さいプライドは、この際捨ててしまいましょう。

まずは同じスクール、クラブ、サークルで、話したことが無いような人にも自分から話しかけてみる。

そうすることで、きっと「アナタとテニスがしたい」という人も自然と増えてくるはず。

それだけで、だいぶ違う世界が待っていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  2. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い

    「どうも、後輩に信頼されていないようで・・・」と悩んでいる部活…

  3. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?

    真面目なのか・・・どうも、こういう考えの人は多い。気付かないう…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う

    テニススクールでも部活でも、余裕が無い・・・とき、ありますよね。…

  5. その他

    「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

    「強くなるためにはどうすればいいんだろう。」皆、そう思いながら…

  6. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

特集記事

  1. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事
  2. ボレー

    「駆け抜けポーチ」を、卒業しよう!
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!
  4. メンタル

    1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しい…
  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識…
PAGE TOP