テニス メモ

その他

テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々。

例えば陸上競技や競泳ですと、はっきりとタイムとして結果が現れますし、世界記録もはっきりしている。

テニスのような対人スポーツは・・・というと、なかなか自分の実力を客観的に「数字」で把握するのが難しい。

ですが、結局はこの数字から、逃げてはいけないのです。

厳しいようですが、自分の成果となる数字、テニスにおいてもとても重要です。

 

テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

 


 

■自分の実力を客観視できるのは、試合結果のみ

結論から言えば、試合の実績数値でしかアナタの実力は測れません。

その結果に応じて日本ランキングや地域のランキング、学生であればジュニアランキングや学生ランキングが存在します。

まずは、自分がどのカテゴリーでどの位置にいるのか。

数字でしっかりと把握して受け止めましょう。

県大会、シングルスベスト8、といった数値は、対戦相手がどうであったか、などは関係無い。

自分自身の結果が全て、です。

 

■試合結果の数値を上げていく、この為に逆算していく

前回がベスト8であれば、ベスト4以上を目指さないといけない。

それが数値における、成長です。

当たり前のようですが、この数値での成長は、望まなければ決して手に入らない。

望む為には、自分の客観的な事実、実力を数値で把握しておかないといけない。

アナタは周りに対して、自分の実力を数値で開示できますか?

1回戦負け、というのも立派な数値です。

周囲にはしっかりと伝えること、そうすることで数値が超えるべき壁、に変わっていきます。

 

■しっかり努力していれば、必ず数字はついてくる

これだけは断言できますが、努力すれば必ず数字はついてきます。

強い相手とたまたま1回戦で当たる、そんなこともあるでしょう。

しかし成長の歩みを止めていなければ、必ず試合結果は良い方向に向いていきます。

一番まずいのは、試合結果、数字から目を背けて、試合自体に出なくなっていくことです。

「楽しくテニス、出来れば良いから」と言っている方・・・実は、悔しさを隠しているだけじゃないですか?

もう一度しっかり、自分やテニスと、向き合ってみて下さい。

 

少なからず、このサイトを観て頂いている方の中で、「試合に勝てるようになってきました!」という声を頂きました。

私からはヒントしか出していないですし、それも賛否両論があるような記事も多い。

皆さん自身の努力で、結果となる数値は必ず変わるし、動かせる。

全ては、結果としての数値を望むところからスタートします。

さぁ、テニス頑張っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

    テニスというスポーツは、常に相手と駆け引きしながら進めていく競技。…

  2. その他

    ※満員御礼【イベント告知】北山智也プロ練習会 10/20(土) in 東京都調布市

    この度、こちらのイベントをT-PRESSにて取材・撮影させて頂きます…

  3. テニス 駆け引き

    その他

    テニスの試合で予測をするときには、「逆を突かれても対応できる」相手かどうかをまず確認したい

    対戦相手の実力は測るとき、特にシングルスの試合では慎重になる。…

  4. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  5. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?

    先日「試合中に音楽がずっと頭の中に流れるのですが、それっていいことです…

  6. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試…

特集記事

  1. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?
  3. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる
  4. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも
  5. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会
PAGE TOP