テニス メモ

その他

テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々。

例えば陸上競技や競泳ですと、はっきりとタイムとして結果が現れますし、世界記録もはっきりしている。

テニスのような対人スポーツは・・・というと、なかなか自分の実力を客観的に「数字」で把握するのが難しい。

ですが、結局はこの数字から、逃げてはいけないのです。

厳しいようですが、自分の成果となる数字、テニスにおいてもとても重要です。

 

テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

 


 

■自分の実力を客観視できるのは、試合結果のみ

結論から言えば、試合の実績数値でしかアナタの実力は測れません。

その結果に応じて日本ランキングや地域のランキング、学生であればジュニアランキングや学生ランキングが存在します。

まずは、自分がどのカテゴリーでどの位置にいるのか。

数字でしっかりと把握して受け止めましょう。

県大会、シングルスベスト8、といった数値は、対戦相手がどうであったか、などは関係無い。

自分自身の結果が全て、です。

 

■試合結果の数値を上げていく、この為に逆算していく

前回がベスト8であれば、ベスト4以上を目指さないといけない。

それが数値における、成長です。

当たり前のようですが、この数値での成長は、望まなければ決して手に入らない。

望む為には、自分の客観的な事実、実力を数値で把握しておかないといけない。

アナタは周りに対して、自分の実力を数値で開示できますか?

1回戦負け、というのも立派な数値です。

周囲にはしっかりと伝えること、そうすることで数値が超えるべき壁、に変わっていきます。

 

■しっかり努力していれば、必ず数字はついてくる

これだけは断言できますが、努力すれば必ず数字はついてきます。

強い相手とたまたま1回戦で当たる、そんなこともあるでしょう。

しかし成長の歩みを止めていなければ、必ず試合結果は良い方向に向いていきます。

一番まずいのは、試合結果、数字から目を背けて、試合自体に出なくなっていくことです。

「楽しくテニス、出来れば良いから」と言っている方・・・実は、悔しさを隠しているだけじゃないですか?

もう一度しっかり、自分やテニスと、向き合ってみて下さい。

 

少なからず、このサイトを観て頂いている方の中で、「試合に勝てるようになってきました!」という声を頂きました。

私からはヒントしか出していないですし、それも賛否両論があるような記事も多い。

皆さん自身の努力で、結果となる数値は必ず変わるし、動かせる。

全ては、結果としての数値を望むところからスタートします。

さぁ、テニス頑張っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

    テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。仕事の成果、…

  2. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

    今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。…

  3. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  4. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、どんな場所?

    インターハイ後のジュニアテニス界のビッグタイトル、全日本ジュニア。…

  5. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  6. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの理由

    開幕が迫ってきました、楽天ジャパンオープン!テニス好きならこの…

特集記事

  1. その他

    企画を進められる人、進められない人
  2. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?
PAGE TOP