テニス ストローク

ストローク

ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はかかります

ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです。

「上手くスピン回転がかからない」

「こすりすぎてネットにかかってしまう」

という現象が多いようですが、まずはしっかりストロークの基本である「ラケットダウン」の原則について確認してみましょう。

厚いグリップでも、少し薄めのグリップでも、ラケットの先をダウンさせて下から振れば、スピン回転は必ずかかります。

 

ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はかかります

 


 

■ストロークの大原則は、「下から上へ」振ること

ストロークを打つ上で、いつも頭に入れておいて欲しい大原則があります。

それは、「下から上!」というスィング軌道のイメージ。

私も試合でストロークの調子が悪くなると、「下から上!」ということを頭の中で繰り返し言い続けるようにしています。

ストロークは下から上に振って、スピン回転をかける。

この基本は絶対に、まず意識するようにしておきましょう。

 

■ラケットヘッドがどういう軌道で動いているか、確認しましょう

ラケットヘッド、つまりはラケットの先がどういう軌道で自分の身体の周りを動いているか。

意識してみたことはありますか?

ボールの打点に対しては、しっかり下から入って上に抜けていく。

その為には、速いテイクバックと、足を止めたらラケットヘッドを下に降ろしていく動作を行う。

既に出来ている人もいると思いますが、このラケットダウンが遅いと完全に「振り遅れ」になってしまいます。

しっかり速く、全ての動作を前倒しくらいの気持ちで行ってみましょう!

 

■低いボールには膝を曲げ、なるべく腰の位置で打てる場所に動く!

低いボールは返球リスクが高いので、なるべう打ちたくないのが正直なところ。

腰の位置で打てるくらいの位置に動くのがベストですが、どうしても低くなるときには膝を曲げてしっかりラケットダウンも行いましょう。

そしてどんなに低いボールでも、絶対にラケットを下から入れること。

スピンではかなり難しい技術ですが、相手が前にいてスライスではなくスピンで速いコースを突きたいときも、試合の中では有り得ます。

マレー選手がこれで非常に上手いショットを打ちますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

低い打点から持ち上げるには、ラケットの先がコートに着くんじゃないかというくらい、しっかり下から持ち上げる。

ここでスピードも求めると、結構厳しい。

あくまでコース狙い、そしてネットの上を通過してから沈んでいくようなイメージで、ストロークを打ってみて下さい。

低い打点も、ラケットさえ低く入れればミスは激減するはずです!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  3. テニス 打点

    その他

    遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること

    ラケットでボールを遠くに送ること。意外と、この機会って多いと思…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  5. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

    来週にて実施させて頂く、読者ミーティングのイベント。第1回とい…

  6. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

特集記事

  1. 日々の雑記

    人の悪口は、100倍増し
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立て…
  4. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  5. テニス 格上相手

    その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
PAGE TOP