テニス スライス

ボレー

テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

まず初めに、これはかなり難しい技術です。

スライスショットを浅く打つのか、深く打つのかを、ギリギリまで決めない。

決めないで相手に両方を警戒させて、心理的に揺さぶっていくというのが狙いです。

「ドロップショットを警戒して前に走る」相手に対して、ここぞとばかりに深くコースを突いていく。

ストロークでもボレーでも、この技術が使えると試合で非常に有効です。

 

テニスの試合は、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

 


 

■コースだけでなく、テニスでは「深さ」を隠すことも大事

打つコースを隠すことの重要性は、何度も書いてきました。

しかし、そこから更にステップアップさせるには「深さ」も隠してしっかり相手にばれないようにしないといけない。

ドロップショット、ドロップボレーも、多用すれば相手も警戒して前をケアするようになります。

その相手に対して、しっかり深いスライスも見せておく。

同じ構えから深いボールも打てると、相手は迷い、結局動けなくなる・・・はずです。

 

■どこまで隠す?という問題について

「でもドロップショットは、打つ前にばれますよね?」という質問も頂きました。

確かに、打つ少し前、ラケットをテイクバックしてそこから振り出していくころには、ばれます。

これはさすがに、ばれても大丈夫。

大事なのは、「テイクバックした状態では、どちらでも打てるように見える」ということです。

しっかり肩が入って、自分でもギリギリまでどちらも打てる状態、作れるように練習してみて下さい。

 

■相手が前に走ってきても、慌てない

ドロップショットに慣れていない人は、相手に「ばれた!」と思うと慌ててしまう。

慌ててしまって、そのプレッシャーに負けて甘くなるかミスしてコートに入らない。

それを防ぐには、まずは動じないメンタルが必要。

ドロップ系のショットは、相手に触られても全然大丈夫。

そこで相手を動かして、次の展開で攻撃していけば良い。

更にこの深いショットへの切り替えも身に付ければ・・・もう前に走られても、何も怖くないですね。

プロ選手の試合でも、まれにこの技術を観ることが出来ます。

錦織選手も、意図的にドロップショットを打つと見せかけて、この深いスライスショットに切り替えたりしていますね。

この駆け引き、テニスの醍醐味です。

ぜひ皆さんも意識して観て、自分で使えるようチャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. + POWER CUP について
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  2. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?

    ボレーのタッチ感覚、みなさんは自信ありますか?私は自信がある、…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

  4. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

    バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。試合…

  5. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

特集記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど…
  3. メンタル

    「緩く募集」しても、集まらないし残らない
  4. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
PAGE TOP