テニス ストローク

ボレー

「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じで、皆さんも経験してきたと思います。

このボレーについては、なかなか上手くコントロールできず苦手意識を持っている方も、多いんじゃないでしょうか。

今回は、初中級の方でもちょっとしたコツを身に付けることで、ボレーを最低限試合で使えるショットにしていくことができる。

そんなイメージで、読んでもらえれば嬉しいです。

 

「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

 


 

1.テニスの試合において、必ずしもボレーはウィニングショットではない

ネットに出てボレーという場面は、必ずしもチャンスではありません。

バドミントンやソフトテニスを経験している人にとっては、「決めなきゃ!」という意識が強い方が多く、力が入ってミスに繋がるケースも多いようです。

テニスはボールも堅く重い為、打点が遅れたり少しラケット面が上を向くだけで相手コートには収まりません。

まずは気持ち的にリラックスして、力を抜いてネットプレーに臨めるようにしましょう。

 

2.ネットより低いボール、高いボールの意識をシンプルに

一言でボレーと言っても、飛んでくるボールの高さはまちまちです。

実際の試合では、ネットよりも低いボールはつなぐ、高いボールは確度を付けて相手を動かす、という意識が大切です。

自分の中で判断基準を設けて日々練習しておくと、試合の中で身体が勝手に反応してくれるようになります。

細かい技術は色々ありますが、まずは繋ぐのか攻撃していくのか、その基準を自分の中で持っておくようにしましょう。

 

3.打つ方向は見ない!結果は後から確認する

これが一番、重要なポイントです。

テニスのボレーという技術は、身体の向きを横向きで作ってラケット面でボールの飛ぶ方向を決めます。

正面向きでは、コントロールできないのです。

試合ではつい、自分の打ったボールの行方を追いたいところですが、それはグッと我慢しましょう。

打点に顔と目線を残して、1秒後にボールの行方に目線を移すこと。

この意識だけで、試合の中で格段にボレーのミスを減らすことができます。

 

4.基本中の基本、グリップチェンジを再確認

最後に、基本を確認。

ストロークからネット前に移動する際に、リラックスした形でグリップチェンジができていますか?

まずはコンチネンタルのグリップに素早く変更し、低いボレーであれば少しスライス気味のグリップに調整しましょう。

「言葉で説明されても分からない!」というアナタ、まずは自分で研究してみて下さい。

大切なのは、ストロークからボレーに移るときに、しっかりリラックスしてグリップを緩くして待てるかどうかです。

 

色々とボレーに安定感を出すにはコツがありますが、一番大切なのは「試合で使ってみる」ということ。

シングルスの試合では、一度もネットに出ないで試合を終えることもありますよね。

格下相手の試合ではそれでも充分勝てるかも知れませんが、格下相手だからこそ、新しいプレーや苦手なプレーにトライしてみませんか?

格上相手であれば、尚更必要ですよね。

試合で使ってみて、アナタ自身が気づくこともたくさんあると思います。

少しの勇気が、テニスを強く変えていくのです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

    ダブルスの試合では、ものすごく前に詰めて来る相手、もいます。男…

  2. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボ…

  3. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう

    身体の正面に飛んで来たボールを、ボレーで返球する。この返球が上…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い

    試合の中で、ドライブボレーを使う。「それって、若くてラケットを…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

特集記事

  1. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある
  2. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ
  4. サーブ

    スネをラケットで打ったなら、それは「変えろ」のサイン
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!
PAGE TOP