テニス ダブルス

ボレー

テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず用意しておくこと

ネットプレー、ボレーで難しいのは足元のボール。

だからこそ相手もなるべく低い位置、ネットより低い位置でアナタにボレーをさせようと回転をかけて沈めてきますよね。

ダブルスでもシングルスでも、このボールをどう対処出来るかで、アナタのレベルが決まってしまう。

上のレベルで戦いたければ、沈められたくらいでうろたえてはダメ。

むしろ、「ラッキー!」くらいに思って仕掛けておいた罠を発動させる、くらいの感覚を持てるようにしておきましょう!

 

テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず用意しておくこと

 


 

■沈められたボールは、深く返す方が難しい

結論から言えば、沈められたボールは「ドロップボレー」で返す、のを身に付けていきましょうという話。

「それは、難しいよ・・・」と思った方、本当ですか?

私からすると、低く沈んでくるボールはしっかり深く返球する方が、難しい。

合わせるだけでサッとドロップショットに返球、は事前の準備さえしっかり出来ていればそんなに難しくないのです。

 

■「相手が打つ前」に、しっかり浅く打つと決めて予測する

相手が打ってから、色々始めようと思うから難しい。

しっかり相手が構えた時点で、もう足元に打たれる可能性は高い、ですよね?

でしたら沈められたときに、「どこに浅く落とすか?」はしっかり事前に考えておきましょう。

コースさえ決まっていれば、あとは沈んできたボールの勢いを殺して、フワッとドロップボレーを打つことを実践するだけ。

技術的に難しい、というよりは決断力が無い、遅いから難しいのが足元の返球なのです。

 

■ハーフボレーも普段から練習しておくこと!

もう一つ、ハーフボレーになる可能性も高いことは、頭に入れておきましょう。

でも対処は一緒です。

しっかりラケットを先に準備して、「壁」になったような状態で待っておく。

落とす場所さえイメージ出来ていれば、反射角がそこに向くように、ラケットを準備するだけですね。

ハーフボレーこそ、速い決断力が求められる技術。

しっかりと相手の打ち方と、初速のボールで判断しましょう!

 

ラリーをしながら、ネットプレーになっても落ち着いて相手コートを観る。

客観的な視点で観れれば、意外と前は相手いることに気付くはず。

当然、強い相手は沈めたら前、をケアしてくるのでそこも意識しながら駆け引きする。

前が空いている、と分かれば、沈められても何も怖く無いですし、プレッシャーも無い。

ボレーは深く・・・深く・・・と思っていると、いつまで経っても相手のいる場所にしか返球出来ませんよ。

しっかりレベルアップ、していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 打点

    ボレー

    ボレーは意外と、身体の近くばっかり

    ダブルスの試合に出ていると、自然とボレーする機会も増えます。…

  2. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

    テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。こ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  2. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います
  5. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
PAGE TOP