テニス 練習

ストローク

ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない

普段はストロークは強いのに、いきなり相手がネットに出ると・・・。

急にミスが増える人、たくさんいますよね。

でもそれって、実は相手を恐れ過ぎている可能性が大。

私がいつも大事にしているのが、このポイント。

相手がネットにいても、すっかりラケットを振り切ること。

この意識があれば、相手のネットプレーを怖がる必要はありません。

 

ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない

 

1.ネットプレイヤーの気持ちになってみよう

ぜひ、ここから考えて欲しい。

ネットに出て来た相手は、何を考えているのか。

私だったら、ストローク側の選手に「ビビッて欲しい!ミスして欲しい!」と願います。

とにかく、後ろ同士のストロークのような鋭い振り抜き、を止めて欲しいというのがネットプレーの狙いですからね。

相手が乱れて欲しいと思いつつ、乱れなくともストロークの「威力は落ちて欲しい」と願うのが自然。

だからこそ、アナタがもしストローク側の選手であれば、ネットプレーに対してもしっかり振り抜きたい。

そうすれば、きっと良いボレーなんてそうは打たれないと思うんです。

 

2.力のあるボールは、ボレーし辛い!

これも当然と言えば当然ですが、やっぱり「打って来る相手」は嫌ですよ。

ネットに出ていても、弾かれそうな気持ちになる。

そして、ウォッチしようにもしっかり振り切っている相手のボールって、しっかり落ちて入るじゃないですか。

だから触らないといけない・・・という意識になって、中途半端になる。

ネットに出て、そのプレッシャーが効かないとなると・・・前に出ていこうという気が失せていきますよね。

アナタがストロークをしっかり振り切ること、には大きな意味があるのです。

ただ力任せ、じゃないですよ。

しっかり振り抜いて、やり切る、という意志が大事なんです。

 

3.ネットにいる相手を意識し過ぎない

特に、シングルスの試合、パッシングショットはそうでしょう。

ネットに相手がいる、ことを意識し過ぎなくて良い。

良いボールをしっかり振り切っていれば、そんなに反撃は喰らわない。

そこでナイスボレーされたら、それはもう相手を褒めるしかない。

アナタ自身、まずは良いボールをしっかり振り切ること、に集中しましょう。

 

4.パッシングショットは、「結果的に」抜けるショットで

ついつい、私たちは抜こうと意識してしまう。

でもこれがまさに、ミスの元。

ネットに居る相手に対してのストローク、しっかり振り切って「結果的に」それが抜けるようなショット、がパッシングショットです。

最初から抜こうとしない、良いショットを振り抜くだけ。

シングルスの選手、強い選手はココだけを意識して打っているはず。

だから毎回、パッシングショットのコースや軌道って一緒じゃないですか。

ストレート、クロス、絵にかいたようなお決まりのコースに毎回決まっていく。

でもそれは、しっかりラケットを振り切るからこそ、出来る技術なんですね。

 

5.初心者の方でも、まず振り切ろう!

しっかり、ダブルスでもこの意識が大事です。

テニスの初心者の方ほど、つい前衛が出て来ると慌ててしまう。

これ、気にする必要はありません。

自分がスウィングに入って、相手がボレーに動いてきた・・・ところからは、もう変えない。

しっかりクロスに打っていく。

良いショットを打てば、相手のボレーは弾けるし、少なくとも1回で決まるようなボレーは打たれないでしょう。

一番まずいのは、相手のプレッシャーに屈してネットミス、アウトミスになってしまうこと。

振り切れば、何も問題無い!

ことを、改めてストロークでは意識しましょう。

 

「いや、でも試合では振り切れなくて・・・」という声、たくさん聞こえてきそうですね。

でも、良いじゃないですか、相手にボレーされても。

相手に決められること、触られること、は全然ミスじゃない。

これをミスだと思うから、緊張したり酷いとイップスの症状になっていく。

テニスは、相手にボールを触らせるスポーツ。

だったら少しでも、力を持ったボールにして触らせていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく

    試合の中で、「返せば何かが起きる」。これを体感したことがある方…

  2. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?

    ドリル練習を行う時、ディフェンスで繋ぐストロークと、チャンスボールを打…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  4. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために

    練習の時って、どれだけ速いショットが打てるかを意識して頑張ってしてしま…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

    テニスを始めて間もない方、は練習でも緊張しますよね。でも、しっ…

  6. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術

    相手からエースを奪う。実際に、試合でこういう場面ってどれくらい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  2. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア
  4. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
  5. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
PAGE TOP