メンタル

テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考えていくこと

練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしまう。

「慣れ」っていうものはとても、怖い。

勝つのに慣れる・・・のではなく、負けることに慣れてしまっている人。

そろそろ、根本的な問題に目を向けて、向き合っていきませんか?

 

テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考えていくこと

 


 

1.深いところの敗因は、「自分自身」でしか気付けない

コーチや先生、周りからのアドバイスをもらうことは出来る。

「序盤が、ミス多かったね」

「サーブをもっと、強化しないといけない」

といった技術的な問題は、言ってしまえば誰でも観れば分かるし指摘出来る。

ですが、大事なのは、もっともっと深い、根にある部分。

なぜ、序盤にミスが多いような試合をしてしまうのか、サーブの強化が進まないのか。

アドバイスされるアナタだって、「そんなの言われなくても分かってるよ・・・」と、心のどこかで思っていますよね?きっと。

根本の部分にある問題は、自分自身にしか気付けないのです。

 

2.試合における根深い敗因は、アナタの生き方の問題

少し大げさな話かも知れませんが、私はアナタ自身の生き方にこそ、深い問題解決の糸口があるように思っています。

偉そうに書いていますが、私もそう。

根本的に飽きっぽい性格で継続出来ない、思い切った決断が大事な場面で出来ない・・・から、それが試合に出てしまう。

それでも、社会人になってから試合に出るようになって、この自分の弱い部分と向き合えるようになってきたと思っています。

根深い敗因となっている部分は、きっとアナタ自身がどこか「目を逸らし続けている部分」なはず。

テニスを通じて、向き合う機会が出来た。

そう思って、改善していきませんか?

 

3.同じことを繰り返している、ことに何人の選手が危機感を持っているだろう

日本では、「周りと同じ」ことが一番評価される。

だから、危ない。

テニスのように自分で決断して、勝負していく、しかも世界の流れは速い。

そんな世界で勝ち抜いていくには、人と同じことに慣れて、同じことを繰り返すことが当たり前になっている人は、そもそも難しいのです。

敗因は毎回違うようで、実は同じことを繰り返している。

「繰り返しているんじゃないのか・・・?」という問いかけは、アナタ自身にしか出来ないことなのです。

 

自分を強くするのは、自分自身。

勘違いしている人が多いですが、コーチも先生も、このサイトも、サポートしか出来ないのです。

深い部分に、向き合うことが出来るかどうか。

辛いです。

キツイです。

ですが・・・必ずテニスを通じて成長していく、人は通る道なのです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう

    試合に強い人って、どこかで試合を本当に楽しんでいる。非日常で、…

  3. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

    「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・…

  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    ダメな時にも頑張る、頑張れた選手が最後に勝つ

    良い時には頑張れる。誰だって、そうだと思います。それが…

  6. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  2. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」
  3. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  4. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる
  5. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改…
PAGE TOP