メンタル

テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考えていくこと

練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしまう。

「慣れ」っていうものはとても、怖い。

勝つのに慣れる・・・のではなく、負けることに慣れてしまっている人。

そろそろ、根本的な問題に目を向けて、向き合っていきませんか?

 

テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考えていくこと

 


 

1.深いところの敗因は、「自分自身」でしか気付けない

コーチや先生、周りからのアドバイスをもらうことは出来る。

「序盤が、ミス多かったね」

「サーブをもっと、強化しないといけない」

といった技術的な問題は、言ってしまえば誰でも観れば分かるし指摘出来る。

ですが、大事なのは、もっともっと深い、根にある部分。

なぜ、序盤にミスが多いような試合をしてしまうのか、サーブの強化が進まないのか。

アドバイスされるアナタだって、「そんなの言われなくても分かってるよ・・・」と、心のどこかで思っていますよね?きっと。

根本の部分にある問題は、自分自身にしか気付けないのです。

 

2.試合における根深い敗因は、アナタの生き方の問題

少し大げさな話かも知れませんが、私はアナタ自身の生き方にこそ、深い問題解決の糸口があるように思っています。

偉そうに書いていますが、私もそう。

根本的に飽きっぽい性格で継続出来ない、思い切った決断が大事な場面で出来ない・・・から、それが試合に出てしまう。

それでも、社会人になってから試合に出るようになって、この自分の弱い部分と向き合えるようになってきたと思っています。

根深い敗因となっている部分は、きっとアナタ自身がどこか「目を逸らし続けている部分」なはず。

テニスを通じて、向き合う機会が出来た。

そう思って、改善していきませんか?

 

3.同じことを繰り返している、ことに何人の選手が危機感を持っているだろう

日本では、「周りと同じ」ことが一番評価される。

だから、危ない。

テニスのように自分で決断して、勝負していく、しかも世界の流れは速い。

そんな世界で勝ち抜いていくには、人と同じことに慣れて、同じことを繰り返すことが当たり前になっている人は、そもそも難しいのです。

敗因は毎回違うようで、実は同じことを繰り返している。

「繰り返しているんじゃないのか・・・?」という問いかけは、アナタ自身にしか出来ないことなのです。

 

自分を強くするのは、自分自身。

勘違いしている人が多いですが、コーチも先生も、このサイトも、サポートしか出来ないのです。

深い部分に、向き合うことが出来るかどうか。

辛いです。

キツイです。

ですが・・・必ずテニスを通じて成長していく、人は通る道なのです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

    月曜日から学校、会社。木曜日はテニススクールに行って、土日はど…

  2. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!

    テニス好き?好きだから皆、テニスを毎日頑張っているんだろうね。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  6. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  2. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう
  3. テニススクール

    西葛西でのプロ選手のレッスンで感じたこと
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
PAGE TOP