テニス ストローク

メンタル

テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだけ対戦したことがありますか?

正直私は学生時代、そういった粘り強い選手をどこか見下してしまう自分、弱い自分だったように思います。

テニスにおいて、粘り=ディフェンスの意識というのは本当に重要。

なぜなら、相手に応じたしっかりした「守り」の技術には、調子の波が少ない。

つまりは自分から崩れていくことなく、相手から崩れていってもらうような形が実践できるからです。

 

テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

 


 

■良いディフェンスとは、ただ返球し続けることではない

テニスにおいて、脚が速い、スタミナがある、というのは大きなアドバンテージになります。

かつてはそういったディフェンスが得意な選手、チャン選手やムスター選手、そして最近現役を引退したヒューイット選手などが、グランドスラム大会でも上位を占めていた時期もあります。

しかし今の時代は、どうでしょうか。

ただ後ろで粘るだけの選手は、もはや大会上位どころかグランドスラムの本戦にすら入れないような気がします。

ネットプレーでの粘りも、同じことが言えます。

つまり、ただ返球し続けるだけではなく、相手に攻撃をさせない、そして積極的にミスを誘うような戦い方が求められているのです。

 

■戦略的なディフェンスとは、攻撃的なディフェンスである

戦略的なディフェンス・・・というと、少し構えてしまいますが、シンプルに考えましょう。

自分はミスのリスクを少なく、相手は高く、というシチュエーションをできるだけ多く創り出していくということ。

例えば相手が両手バックハンドストロークが得意であれば、浅いショートクロス気味のボールを触らせて、片手でしか打てないような状況を作ってみる。

フォアハンドが強烈であれば、バックハンド側にボールを集めるのはもちろん、時にはあえて「フォアハンド側」の厳しい箇所を突いて、ポジションをセンター寄りに戻すよう促してみる。

つまり、意図のあるボールを打って相手の得意なショットを打たせない、ような配球をしていけば良いだけのこと。

ひたすら相手のショットを凌ぎ続けるなんて、テニスにおいては無理です。

その為には、試合の序盤で適格に相手の特徴を掴む、テニスの観察眼が必要になります。

 

■試合の序盤、2ゲーム以内に一通りのショットを浴びせてみる

序盤に単調な試合運びをしてしまうと、それは後々の後悔に繋がります。

試合の序盤では、出来るだけ相手に色々なショットを打たせましょう。

あえて浅いボールを打って、ネットプレーもさせてみてチェックしたい。

そこから、「どんなディフェンスが効果的か」を考えることが出来るのです。

ただ相手の攻撃を、気合と根性だけではね返していこうとすると、テニスでは実力上位の人には絶対に勝てません。

より積極的にディフェンスをするには、何かしらの「根拠」が必要なのです。

 

「そうは言っても、なかなか相手の弱点なんてすぐに分からないよ・・・」と、思ってしまうアナタ。

であればシンプルに、「自分がやられて嫌なこと」を実践してみませんか?

どんなディフェンスをされたら、テニスは嫌か。

よりミスをしやすい、リスクを冒さないといけないようなシチュエーションになるか、イメージしてみて下さい。

本当に良いディフェンスは、決してただの「シコイ」プレーとは違います。

ぜひ攻撃的で戦略的なディフェンス、考えて磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備おこう

    秋の大会、団体戦で上位を目指したい。そんなチーム、キャプテンの…

  2. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け

    何も問題無いのに、焦ってしまう。試合で、実はこういう悪循環に陥…

  5. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

  6. メンタル

    心の弱さが、ミスになるのがテニス

    テニスの試合で、ミスが多い。練習だと入るボールが、入らない。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  2. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう
  4. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  5. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事
PAGE TOP