メンタル

伸び悩みの時期、は必ず終わります

何を根拠に?と言われれば、それはアナタ自身。

きっと、このT-PRESSのサイトをご覧になっている方は、伸び悩んでいる時期を越えていける。

私はそう信じてますし、確信があります。

多くの選手や社会人プレイヤーのみなさんを間近で見てきたからこそ、私には分かるんです。

 

伸び悩みの時期、は必ず終わります

 

1.伸び悩めること、こそ成長の証

まず、ここなんですよね。

自分自身が伸び悩んでいる、ことに気付けている段階で、私は凄いと思いますよ。

それだけ向上心があり、悔しさがある。

これは、どんなに優秀なコーチでも、教えることが難しい部分なんです。

自分で感じて、醸成していくしかない。

伸び悩んでいると、自分自身で自覚出来ること。

それは、私が何度も書いてきた「客観視することの大事さ」が分かっているからこそ、だと思います。

そういう方は、確実に伸び悩みを越えていけるはずです。

 

2.成長曲線は、斜め上に直線じゃない

最初は、みなさんもテニス初心者でしたよね。

始めたころは、何をやってもそれが経験となり、感覚を覚えて上達していく。

そのスピードが徐々に緩やかになって、自分では「停滞期」に入ったような感覚になる。

これも一種の、伸び悩みです。

簡単だったことが難しく、難しかったことが簡単に感じられるようになる。

その逆もしかり、ですね。

そして、その壁を越えたら、一気にまた初心者の頃のような急上昇のカーブ、描いていけるんですよ。

 

3.大事なのは、自分で決めること

もし、今アナタ自身が伸び悩んでいるとしたら、恐らく原因は一つです。

自分で決めることが出来ない、覚悟が出来ないということでしょう。

技術的にいきなり下降する、ということはあまりない。

ほとんどの悩んでいる人が、結論を出せていないんですよね。

「こういう時に、こうする」

「自分は、これで戦う」

決められるのは、自分自身です。

人からアドバイスやヒント、をもらうのは良いことです。

でも、最後は自分の意志が大事。

繰り返しますが、そこに正解なんて無いんです。

アナタが決めること、実行していくこと、が正解になるんですから。

 

4.どんなに結論を出しても、また悩みは押し寄せて来る

まぁ、気楽にいきましょう。

私自身、何度も自分のテニスついて悩みましたし、今でもそうです。

これは、3.であるように決めて結論を出しても、またどうせ悩みます。

自分に向上心がある限り、悩みって尽きない。

だからこそ、一回ずつ抜けていく、自分の中で終わらせていくことが大事だと思いますよ。

いつもいつも、伸び悩んでいる人って、どこかに神様がいて完璧な答えがある、それに気付く自分を待っているような気がします。

大丈夫、そんな神様も答えも、テニス界にはありません。

伸び悩んでいること、を自分で感じながら越えていく。

そして、また悩みだす。

これの繰り返しが、アナタ自身を強くしていくんです。

 

何十年やっても、テニスって難しい。

プロ選手ですら、ミスショットが多いスポーツだと言われますからね。

相手がいるし、ノーバウンド、ワンバウンド、前衛に後衛、全ての能力が求められる。

悩まない、方が無理だと思いませんか?

もっと自分を責めないで、ある意味気楽にいきましょう。

伸び悩める幸せ、感じながら。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

  2. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力

    相手選手がサーブを打とうとしているとする。レシーブのあなたはそ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  6. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

    テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?
  2. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  3. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です
  4. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  5. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
PAGE TOP