テニス ボレー

ボレー

ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている

ボレーでここぞ!という場面でミスが多い人。

それはきっと、ボールを触る場所、を少し変えるだけで改善出来る。

試合では、ネットから遠い位置でのボレーも多いですからね。

そのために、必要なのは上側、じゃなくて下側を触る意識です。

 

ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている

 


 

1.ボレーは打ち込むショット?ではない

実際に、試合ではこれです。

ネットに詰めたら、話は別ですよ。

でも、試合で打つボレーって、ほとんどはネットから距離がある場所で、つなぐようなケースが多い。

ボレー=打ち込むショット、という感覚だけだと、危険なんです。

強く打つこと、に集中してしまうと、つい相手の下ばかり狙いたくなる。

そうなると、ボールの上側を打ってネット一直線、になってしまうんです。

 

2.ボレーこそ、コントロール勝負

テニスでは、速さよりもコントロール。

いかに、相手のいない場所を正確に狙うか、が大事になって来ます。

だから、ボールの上側を触って下に打とう、叩き付けようという意識は捨てる。

むしろ、少し下を触って確実に相手のいないところ、狙った場所にボールを運んであげる。

この意識、がボレーでも必要になって来ます。

打点、だけじゃなくてボールのどこを触るのか、が大事ですね。

 

3.山なりな軌道、のボレーをいかに使えるのか

が、試合では大事です。

サーブ&ボレーのファーとボレー、山なりで深く相手に返せば、それだけで脅威になる。

ボールの少し下側を触って、上からラケット全体で抑えるようなイメージですね。

そうすると、自然にスライス回転がかかって、良いボレーになると思います。

コントロールボレーで、自分は相手を崩していくんだと。

この意識、があれば試合でもすごく楽ですよ。

 

4.ネットを越えれば、相手も触ってくれるかも

アウトボールだって、相手は触ってくれる。

試合では、ボレー同士の打ち合いになると、結構こういうケースありますよね。

ネットしてしまうと、その希望すら無くなってしまう。

ボレーだと、さすがに相手も慌てるんですよ、テニスでは。

だから、ネットを越えること、がまず大事。

相手がアウトボールでも触ってくれる、とどこかで思っておくと、気も楽になりますよ。

実際に、ダブルスの試合ではあるある、ですから。

 

ボレーでネットが多い人は、相手も楽なんです。

チャンスでも、「ミスしてくれるかも・・・」と思えますからね。

多少アウトしてでも、ネットを確実に越えて来るような、丁寧さが欲しいところ。

ボールの上側を触るのは、本当にネットに詰めた時だけ、にしましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすごい

    テニスの練習の中で、効果的なのに見落とされがちなメニュー・・・それは、…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

    上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。こういう人に多い…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えていこう

    テニスを始めて最初の壁、それは「バックハンドボレー」だと思います。…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!
  2. ダブルス

    ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
  4. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備して…
  5. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
PAGE TOP