テニス 戦術

ボレー

テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効なんです

テニスの試合に出ている人の中で多い質問が、「シコラーに勝てないんです!」という内容。

たくさん頂くようになりました。

結構皆さん、特にシングルスの試合では悩みが尽きないようですね・・・。

今回はその特効薬、になるかも知れないテニスの基本を改めて。

粘る相手には、粘らせない、時間を与えないことが第一です。

 

テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効なんです

 


 

■卓球にはなぜ、「カットマン」というプレースタイルが有効なのか?

究極のシコラー、粘り強い選手って、卓球でいうカットマンのようなスタイル。

コートの後ろに立って、ひたすら山なりなボールを返球し続ける、卓球では今だにこのプレースタイルを得意にする選手がたくさんいますよね。

でも、これは言い方を変えれば卓球だから通用するスタイル。

卓球は必ずワンバウンドで返球しないと反則になるので、攻撃も必ずワンテンポ待って、それから攻撃になる。

ですが・・・テニスはどうでしょう?

そう、ノーバウンドで返球しても反則にはならない、ボレーという技術がある。

これを使わない手は無いんです。

 

■相手を動かしたなら、時間を奪うことに専念する

相手を動かす、まずショットを深く打ってコースを突く。

その後のプレーが、アナタの攻撃の精度を大きく左右します。

せっかく良いボールを打っても、相手が山なりなボールを打てば戻る時間は作れる。

そのボール、ワンバウンドして打っていては相手はもう十分に構えて態勢を整えて待っていますよね。

「せっかく良いショットを打ったのに、効かないな・・・」と思ったが最後。

もう、相手シコラーの世界観に引き込まれて戻れなくなってしまうのです。

 

■アナタが前に行ってボレーをする、だけで相手は戻る時間が無くなる

態勢を整える、戻る時間を奪う為にはアナタからボールに近づいていくこと。

ノーバウンドで打つボレーが有効なのは、速いボールを打てるからではなく時間を奪えるからなのです。

相手は打った瞬間、「よし時間を稼げるぞ!」と思っているのに・・・ワンテンポ速く返球されてしまう。

だからこそ効果的な作戦になるのです。

相手が粘る、つなぐようなポイントこそ、アナタは前に走ってノーバウンドで触ること。

これがテニスにおける効果的な攻撃、になるのです。

 

そう考えると、ボレーって難しいと思いますか?

相手がつないでくるボール、を打つ訳ですから、きっと基本を押さえれば誰でも打てる。

むしろ苦手意識がある選手のほうが、しっかり基本的な良いプレーが出来るはず。

まぁ、やってみて下さいよ。

絶対にシコラー相手に突破口が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

    ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分…

  2. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。試合の中で、前に詰めてハイボ…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

特集記事

  1. 戦術

    とりあえず、3つに絞ろう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成…
  3. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法
  4. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ
  5. テニス 部活

    テニススクール

    テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」と…
PAGE TOP