テニス ボレー

ボレー

「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳しい。

ダブルスなら前衛でプレーしますし、シングルスでも相手がドロップ系のショットを使ってくるかもしれない。

アナタのストローク主体のテニス、に必要なのはきっとシンプルで手堅いボレー。

今回はその視点から、基本を見直してみませんか?

 

「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

 


 

1.まずはしっかりグリップチェンジを

ストロークが得意な方は、きっとグリップが厚い方が多い。

回転量が多いスピン系のショットには適していますが、ボレーを打つにはグリップチェンジが必要です。

コンチネンタルグリップ、にしっかり持ち変えて使い分けましょう。

ネットに近付いたら自然にクルッと持ち変えられるように、普段の練習からストロークからボレー、のような移行をスムーズに出来るようにしておきましょう。

 

2.「壁」になれば大丈夫!

ボレーで決める!という気持ちは、ミスにつながりやすい。

相手にアピールしたいのは、手堅さ、ですよね。

ストロークに自信があるなら、しっかりボレーでは安定感を。

そうすることで、相手にとってアナタは「弱点の無い、隙の無い相手」になれる。

この心理的なプレッシャー、すごいですよ。

しっかり丁寧に、ラケットを動かし過ぎないでブロック、するボレーの意識が基本です。

 

3.ネットに近い位置でボレー!

ストロークが主体の選手こそ、しっかりネットに近付きましょう。

ネットから遠いと、細かい技術が求められますし、ミスも増えてしまう。

ネット近くなら、当たり損ないでも入りますし、相手にもプレッシャーになる。

ポジショニングは、技術に関わらずいつでも変えることが出来ますよね。

少しでもネットに近い位置でボレー、がストロークプレイヤーにも基本になります。

 

4.ドライブボレーを使っていこう

先ほど、「ネットから遠い位置でのボレーは、細かい技術が求められる」と書きました。

でも、ストロークが得意な選手なら、どんどんドライブボレーを入れていきましょう。

学生の皆さんだけでなく、社会人の女性プレイヤーの方もしっかり練習すれば、きっと使える武器になるはずです。

大きめに打っても、回転量があればコートに収まる。

ネットから遠い位置からは、高い打点でドライブボレー、イメージして練習していきましょう。

 

5.スマッシュの存在を忘れない

つい、忘れてしまいがちですが・・・実は、スマッシュを打つ機会、試合では多い。

きっとアナタがストロークが強い選手なら、どんどん前に引っ張り出される。

その後には・・・ロブ、が来ますよね。

このロブをしっかり打てるように、スマッシュを磨いておく、ケアして下がれるフットワークを準備する。

試合に強いストローカータイプの選手って、スマッシュが上手いような気がします。

アナタも、ぜひそうなって下さい!

 

ストローカータイプの皆さん、きっとネットプレーをどうしいていこうか悩んでいる方も多いはず。

アナタの強いストロークを活かすためのネットプレーは、基本が第一。

「ストロークは強いけど、前に出せば怖く無いね・・・」と思われているなら、変えていきましょう。

基本を押さえて、試合に勝ちましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

    試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

  3. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポ…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  5. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

    みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。「今の、…

  6. ボレー

    成長するとは、受け入れるということ

    私自身、振り返ってみて感じること。テニスが成長出来た時期って…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて…
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー
  4. テニス 壁打ち

    ストローク

    テニスの壁打ち、ペースを上げてやってみよう
  5. その他

    【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
PAGE TOP