ボレー

テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある人、どの程度いるでしょうか?

このハイボレーという技術は、どこか簡単そうに見えて実は難しい。

あまり練習する機会も無い。

それでも・・・実際の試合では、このボールでフィニッシュ出来ないと、どこでポイントを獲るんだ・・・?となりますよね。

意識して欲しいのは、しっかりスライスで「横回転」をかけるということ。

その重要性について、考えてみましょう。

 

テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

 


 

1.ボレーはボールの強さよりもコースが勝負!

ストロークもそうですが、実際の試合で求められるのはコントロール力。

相手コートにまずボールを入れないと、テニスでは自分が失点になります。

その為に安定感が欲しい・・・では、どうするか?

回転量を増やして、スィングを安定させることしかありません。

フォアハンドボレー、バックハンドボレー両方共に、です。

ボレーにおいても、しっかりスライスをかけることで打点に「幅」が出来ますので、安定するのです。

ハイボレーは当てるだけ・・・だと、少し芯を外れたり、打点が遅れたりするともうコントロールが出来なくなってしまう。

これだとテニスの試合では勝てません。

 

2.横回転をかけると、たくさんのメリットが!

まず横回転をかけることで、より相手をコートの外に追い出せる。

バウンド後も滑っていく変化になるので、ネットプレイヤーの優位性を保つことができますよね。

そして打点も低く、ストローカー側にとって嫌な高さになる。

そうやってミスを誘ったり無理をさせることで、アナタが打ったハイボレーがフィニッシュになっていくポイントも増えるでしょう。

「パチン!」と打ってノータッチで決まるボールだけが、ハイボレーでは無いのです。

 

3.ハイボレーが打てると、ネットから遠い位置でもプレーできる

ハイボレーはネット近くでのフィニッシュショットだけではありません。

むしろサービスライン近くでベースラインからネットに移行する、その過程でも最も使うショット。

しっかり球足の長いショットも打てれば、プレーの幅がすごく拡がってテニスも強くなる。

その為には、横回転のスライスが必ず必要です。

スライス回転がかかっているボレーは良い意味で遅い球速になりますので、アナタ自身が移動したり態勢を整えるのに大活躍なんです。

 

しっかりラケットを上にセットして、抑え込むような打ち方を練習しましょう。

ボールに対しては横から、というよりは斜め上から入るくらいでちょうど良い。

意外とラケットって、上に上がっていないものなんです。

ぜひこの機会に、いかに「抑えの効いたハイボレー」が出来ている確認してみましょう。

自分で、では無く仲間に動画を撮ってもらったり、感想を聞くことをオススメします。

「自分では出来ている・・・と思う」ことが、テニスでは一番危険ですから。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

    この意識、大事です。ボレー戦のようなラリーになったときに、自分…

  2. ボレー

    ハイボレー、それって本当にハイボレー?

    テニスの試合で、高い位置でのボレーを打つ時。アナタ自身、結構チ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

    今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。角度を付ける…

  5. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?

    試合の中で、バックハンドハイボレーを打つ時。ゆっくりした相手の…

  6. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ
  2. テニス サーブ

    戦術

    連続ポイント、は意図的に
  3. テニス 調子

    リターン

    「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝て…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプ…
  5. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える
PAGE TOP