テニス スライス

シングルス

シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。

残念ながら初戦でダニエル太郎選手はマレー選手に負けてしまいましたが、面白い場面のたくさんありました。

特にドロップショットのやり合いや、駆け引きの場面、見どころがたくさんあったと思います。

さて・・・このドロップショットですが、アナタは試合で実際に使えていますか?

そして自分がドロップショットを打たれた後には、どんな選択肢を持ってボールに向かって走れていますか・・・?

 

シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

 


 

1.ドロップショットは、ドロップショットで切り返される

ドロップショットは打った後のポジションが重要。

アナタは普段、どんなポジションの修正を加えていますか?

もちろん、自分が打ったドロップショットの精度を確認する必要はありますよね。

それが相手のチャンスになってしまうのか、それとも良い感じでギリギリ触られるくらいの、厳しい攻撃になっているのかどうか・・・?

テニスはショットの技術も大事ですが、相手の「余裕具合」を感じ取れるかどうかが大事なスポーツ。

鈍感な選手はいつまで経っても、相手から先手を取られてばかりで試合に勝てません。

 

2.「やっと追いついたボール」でも、同じドロップショットなら切り返される

まず、これをしっかりケアしましょう。

やっと追い付いてラケットを伸ばしたときには、ドロップショットをドロップショットで切り返すのは意外と簡単。

浅い場所から浅い場所、つまり眼の前のネットを超えて短いボールを打つのは、そう難しくありません。

これはアナタ自身、自分もドロップショットを拾うときには打てないといけませんし、打たれることを想定してポジションを調整しないといけない。

テニスは展開が前後の動きになると、一気に動きが早まって心理戦が始まると思っておいて下さい。

 

3.ドロップショットを打ったら、少し前にポジションを移そう!

シンプルに、これだけです。

ベースラインとサービスラインの間くらい、少し前に移るだけで浅いボールに対する守備力は劇的に上がります。

「決まった・・・」と自分のショットに酔いしれている選手、なんと多いことか・・・。

相手に拾われることをいつも想定して、準備しましょう。

もし追いつかれて、深いボールを打たれたら・・・それは、ノーバウンドでカットして、ロブボレーで一丁上がり、です。

 

良い守備的なポジションは、相手に迷いを与えてミスを誘うことが出来る。

逆に隙のあるポジションがあると、上級者にはすぐに見破られて攻撃されます。

試合に勝てない人は、この部分に鈍感なんです。

シングルスでは、特にコート上で守る範囲も広い。

だからこそ、ドロップショットのような前後の展開には、必ず良いポジションをセットで考えること。

ショットの精度ばかり追いかけて、自分に酔うテニスにならないように・・・。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

    シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。攻撃につい…

  3. テニス 楽天
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練

    シングルスの試合、最近出てますか?私も30歳を過ぎたころから、…

  5. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  6. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
  3. テニス スライス

    ボレー

    ハーフボレーは、先に〇〇を作って完成!
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人…
PAGE TOP