ダブルス

テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?

試合の結果を左右するプレー、出来ていると胸を張って言えるでしょうか・・・?

そもそも、拮抗した試合を勝利に導ける前衛、は少ない。

私が思うに、それは「汗をかける前衛」。

学生でも一般でも、前衛のポジションでの動きは、まだまだ足りないのです。

 

テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

 


 

■優先権を放棄して、待っている前衛がほとんど

前衛には、攻撃の優先権がある。

2人のうち前、にいるので先に相手が打ったボールを触ることが出来るのは、言うまでもありませんね。

それなのに、自分のところにボールが飛んでくるのを待って、ただ後衛がラリーしているのを横目で見ているだけ。

そんなプレーに、終始していても、試合中にボールは飛んできませんよ。

 

■細かいフェイントが、相手にプレッシャーを与えていく

汗をかく、とは即ち、細かい動きで相手を揺さぶるということ。

最悪ボールに触れないまでも、触ろうと動き、相手にプレッシャーをかけていく。

細かい動きを、試合中とめどなく繰り返すことが、汗をかいて勝利をたぐりよせるきっかけになる。

ボレーの技術にばかり気にして、肝心の足を動かす積極性、失っていませんか?

上手いプレイヤーほど、こういった動きがダブルスでは多い。

彼らは待っていない、自分からボールに絡みに動いているのです。

 

■ボールに触らないでも、プレーに影響を及ぼせているか?

私がたびたび書いてきた、「前衛は相手のプレッシャーにならないと無意味」ということ、思い出して欲しい。

結果的にボールに触れなくても、相手にプレッシャーをかけてミスを誘う、味方に決めてもらう、ことが大事。

触らないまでも、しっかりポイントに貢献しているかどうか、が汗をかける前衛の観点からは必要です。

たまには失敗して、失点することもあるでしょう。

でも相手もプレッシャーに感じて、次はミスしてくれるかも知れない。

何もアクションを興さないこと自体が、まず前衛の失敗なのです。

 

細かい動き、ボールを触っていないときの動き。

ここに一番、ダブルスプレイヤーとしての差が現れます。

後衛のときには、シングルスの延長でプレーできるのがダブルス。

でも前衛は、違いますよね。

しっかり動く、とにかく動く!

たくさん失敗しながら、自分なりのプレッシャーのかけ方、磨いていってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさせよう

    ダブルスの試合で前衛がポーチに動く、その後の動きは曖昧になりがち。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

  5. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワーク…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要
  3. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか
PAGE TOP