テニス 戦術

ダブルス

ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?

硬式テニスでは前衛、後衛に専門は置けないので、両方やらないといけない。

意外と後衛は出来るけど、前衛は何をしたら良いのか・・・と、プレーが中途半端になるケースが多い。

ですが、センスがある人は違います。

後衛の雰囲気や空気をしっかり把握して、攻守のメリハリが付けられる。

一緒にそんな前衛、目指しませんか?

 

ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

 


 

■ダブルスで、「後衛のゲームメイク」を支えるのは前衛の気遣い

ダブルスの後衛は、しっかりゲームを作るゲームメイカー。

だからこそ、それを活かすも殺すも前衛次第。

チャンスは決めたいし、ピンチになったら少し下がって守備的なプレーをしたい。

一度ラリーが始まったら会話する時間なんてないですから、しっかり前衛が空気を察して自分で判断して行動しないといけない。

それがテニスのダブルスなのです。

 

■後衛が攻撃的にプレー出来そうだと思ったら、前に詰めるのが基本

後衛がある程度余裕がある、チャンスになりそうなボールであれば、前衛はしっかりフィニッシュに備えたい。

自分の横を通過するボールが、ペアの後衛にとってどんなボールになるのか。

それをしっかり把握して、攻撃するときには2人で息を合わせるつもりでネットに詰めましょう。

相手が逃げてくる、守備的になることを許してはいけません。

チャンスが来てから前に詰める・・・では、レベルの高い試合では遅いのです。

 

■後ろを確認しなくても、大丈夫!

基本的に、後ろをチラチラ見るような前衛は信用できない。

自分も後衛を信用していない、訳ですからそう思われて当然ですね。

たまに見るのは良いにしても、基本的に前衛は常に前を向いて相手を見る。

自分の後衛は、背中で感じる。

この「感じる力」が強いペアこそ、試合で強いダブルスペア。

ぜひ強いペアは、その雰囲気を生で観て感じてみて下さい。

 

良いプレーで前衛が後衛を助ける。

そんなポイントがあると、ダブルスの試合で気分が乗っていきますよね。

試合の序盤で、そういうポイントを作りましょう。

意図的に、しっかり守備と攻撃の息を合わせる。

その為にぜひ、後衛を背中で感じれる前衛、になってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. + POWER CUP について
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  2. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

    硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。それが雁行陣…

  3. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

    ダブルスの試合で、良いペアってどんなペアでしょう?色々あると思…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

    ミックスダブルス、ご夫婦やカップルで組んで出場している方も多いはず。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

特集記事

  1. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューに…
  2. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方
  3. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  5. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
PAGE TOP