テニス ボレー

ボレー

コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。

それまでは、打つ方向を見ないで「どうやってコントロールするんだろう・・・」と思ってました。

プロ野球選手のピッチャーでも、キャッチャーミットを見続けながら投げる。

でもボレーだと、それでは逆にコントロールが悪くなってしまうのです。

 

コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

 


 

1.なぜ、打つ方向を見てはいけないのか?

答えは簡単、身体が正面向きになってしまっては、硬式テニスはボレーがコントロール出来ないから。

遅い、簡単なボールなら当てて飛ばすことも出来るでしょう。

ですが、相手の鋭いボールや縦に変化するスピン、スライスは、正面向きだと対処が難しい。

今や、ストロークは沈めるのが当たり前。

この縦の変化に対応する為に、横向きの態勢でボレーすることが必要。

速いボールでも、上半身は少しひねって斜め横を向きますよね。

だから自然に、目線と打球が飛ぶ方向は異なる、んです。

 

2.打点の顔を残しておけば、ボールはコントロール出来る

何が怖いって、飛ばす方向を見ない・・・のが怖い。

ノールックパス、を送るようなものですからね、実際にボレーは。

ラケット面でボールを飛ばす方向を決める、その準備をしっかりする。

この意識があれば、きっとコントロールの良いネットプレーは自然に身に付きます。

 

3.アングルボレーを練習しよう!

一番良い方法は、アングルボレーを練習することです。

打つ方向を見ないで、角度を付けたボレーをいつでも打てる、とダブルスでは強い。

ボールの横を触って、飛んでいくボールの軌道は自分の背中の方向、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

「難しそう・・・」と思わず、まずチャレンジしてみる。

最初から、完璧にコントロールしようとしないで、勇気を持って打点に顔を残してみる。

ここから本物の、ネットプレーがスタートです!

 

私も、この感覚を覚えてから試合でネットプレーを積極的に使えるようになりました。

やっぱりボールの軌道、速く見たいんですよね。

でもサーブもストロークも同じで、まずは打点に集中。

良いショットを打てれば、確認は後でもOK。

この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけで、格段にレベルが上…

    ボレーのレベル、ネットプレーが得意かどうかは、「ミドルボレー」を観れば…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

    ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い

    ボレーで無理している人は、意外と試合で多いように思います。特に…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    「ネットプレー、最大の武器とは?」テニスでは回転量でプレーの手堅さをアピールできる

    ネットプレーヤーの一番の武器は何だろう?キレのあるショット?…

  6. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ジョコビッチ選手のような「伸びのある大きなフォアハンドストローク」は、フォロース…
  2. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い…
  3. 戦術

    強くなるのに、特別感は要らない
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
  5. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く…
PAGE TOP