テニス ストローク

ボレー

「バックボレーで遠い場所もカバーしたい!」ネットで守備範囲を広げる為に、必要な身体の使い方とは?

バックハンドのボレーに苦手意識を持っている人は多い。

そのほとんどが、「ボールと正しい距離感」が取れていないケースが目立ちます。

両手バックハンドボレーの場合には、リーチも短くなり片手で打つフォアボレーとの違いも作らないといけない。

遠い範囲までカバーできるように、守備範囲を広げる為には身体の使い方を考える必要があります。

 

「バックボレーで遠い場所もカバーしたい!」ネットで守備範囲を広げる為に、必要な身体の使い方とは?

 


 

■バックボレーは打点が遠いと力が入らない・・・

片手も両手でも、バックボレーは打点が大事。

それも遠くなってしまうと力が入り辛く、コントロールも難しくなってくる

まずはこの「適切な距離感」をしっかり理解して、相手のボールが飛んでくる前に準備を終えないといけない。

その為には・・・コツとして、まずしっかり「ボールに近付く」ことが大事になります。

ボレーに自信が無い人は、ボールに近付けていない。

ここは思い切って、「遠い」と思わず思い切ってボールに向かっていくこと

これが守備範囲を広げる、一番の手段です。

 

■背中を向けるようにしっかり横を向いて、まずはしっかり返球することに集中

どんなに近付こうと思っても、厳しいコースを突かれた場合にはかなり厳しい。

自分の身体から遠い場所のボレーも、しっかりコントロールしないといけません。

時間を稼ぐ為に、スライスも使いたい。

その為には、相手に対して背中を向けるくらい、しっかり腕を伸ばして足を出しましょう。

そして、返球するボールはもちろんゆっくりで山なりにして、自分の態勢を立て直すことに専念すること。

ボールをラケットの真ん中に当てること、そしてラケットを動かし過ぎないことに全神経を注ぎましょう。

 

■両手バックボレーでプレーする女性選手も、いざというときは片手に出来ると便利

触って返球するだけで、何かが起きるかも知れないのがテニス。

まずは触ることが、とにかく大事です。

ハイボレーも同じで、まずは早くラケットを上げること

女性の方で両手バックハンドボレーを使う選手の方は、どうしてもリーチが短くなるのが難点ですよね。

ここぞという場面では、「片手」に切り替えて20cmほど長く、守備範囲を広げることも出来ると良い。

試合の厳しい場面で、アナタ自身の助けになってくれるでしょう。

 

苦手、と思うことがあれば、それは必ずプレーに表れます。

まず、確実に足から現れる。

ボールに近付けていけないことが、ボレーの苦手意識を増幅させる一番の要因です。

「遠いボールもしっかり返す」為には、自分から「遠い」という感覚を修正していかなければいけません。

ちょっとの意識と工夫で、必ずネットプレーは変わり、粘りも生まれてくる。

ぜひ両手バックハンドの方も、片手バックハンドの方もトライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている

    ボレーでここぞ!という場面でミスが多い人。それはきっと、ボール…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

    テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。こ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ

    「腰が引けてるよ!」というアドバイス、コーチからもらうケース多いんじゃ…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂い…

  6. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

    みなさんは試合の中で、ドライブボレーを使う機会はありますか?私…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる
  2. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
PAGE TOP