テニス 戦術

ボレー

「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

ボレーが苦手って思ってる人は、どんなミスしてるだろう。

ネットに引っ掛かってる?

それとも飛び過ぎてオーバーしてしまってる?

俺はボレーが大好き。

 

「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

 


 

シングルスもダブルスも、ボレーをメインに活用して組み立てを行っていると言っても過言ではない。

でも昔・・・高校の時から20代の後半近くまで、基本的にはボレー、苦手意識持ってたなぁ。

その時のミスは・・・ビビって置きに行くような打ち方をして結局アウト!ってことが多かった記憶がある。

テニスコートって広い。

 

広いんだけど、ボレーを打つ時の俺は、コートを狭く感じてしまい、入る気がしなかった

しっかりバシッと処理すればいいのだが、アウトが怖くて置きに行くような感じになってしまうのだが、置きに行くと意外と回転が少なくなり、結果アウトが逆に多くなる。

今は、ボレーを怖がらずしっかりと打てるようになったのだが今の感覚は、あまりはっきりとコートは見ない。

もちろんどこに打つか決める時はしっかりとボールと一緒にコートを見るんだけど、それより大事にしているのは、ネットを通過する時の弾道の高さ。

 



 

狙うターゲットって、遠くよりも断然近い方が簡単だし気分的にも楽チン

だから、相手コートのバウンドさせる場所以上に、もっとネットの真上の途中通過地点を意識した方が、成功率は高くなるのだ。

でも通過させる高さだけじゃなくって、そこを通過させる時のボールの回転量も調整出来るようにしておかないといけないよ。

ネットを越える時の高さと回転量をどうすれば良いボレーになるのかしっかり覚えておこう。

それを感じられるようになると、ボレーってちょっと打ちやすくなる。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよう

    今年の4月からテニスを始めて、約半年くらいの方。色々と悩みはあ…

  2. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めることです

    先週末の練習で、一つ気になることがあったので書いてみます。「ポ…

  3. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について

    ボレーで要求されるものはなんだろう。色々あるよね。コン…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂い…

  5. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

    対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。こうい…

  6. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすごい

    テニスの練習の中で、効果的なのに見落とされがちなメニュー・・・それは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能
  2. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね
PAGE TOP