テニス 戦術

ボレー

「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

ボレーが苦手って思ってる人は、どんなミスしてるだろう。

ネットに引っ掛かってる?

それとも飛び過ぎてオーバーしてしまってる?

俺はボレーが大好き。

 

「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

 


 

シングルスもダブルスも、ボレーをメインに活用して組み立てを行っていると言っても過言ではない。

でも昔・・・高校の時から20代の後半近くまで、基本的にはボレー、苦手意識持ってたなぁ。

その時のミスは・・・ビビって置きに行くような打ち方をして結局アウト!ってことが多かった記憶がある。

テニスコートって広い。

 

広いんだけど、ボレーを打つ時の俺は、コートを狭く感じてしまい、入る気がしなかった

しっかりバシッと処理すればいいのだが、アウトが怖くて置きに行くような感じになってしまうのだが、置きに行くと意外と回転が少なくなり、結果アウトが逆に多くなる。

今は、ボレーを怖がらずしっかりと打てるようになったのだが今の感覚は、あまりはっきりとコートは見ない。

もちろんどこに打つか決める時はしっかりとボールと一緒にコートを見るんだけど、それより大事にしているのは、ネットを通過する時の弾道の高さ。

 



 

狙うターゲットって、遠くよりも断然近い方が簡単だし気分的にも楽チン

だから、相手コートのバウンドさせる場所以上に、もっとネットの真上の途中通過地点を意識した方が、成功率は高くなるのだ。

でも通過させる高さだけじゃなくって、そこを通過させる時のボールの回転量も調整出来るようにしておかないといけないよ。

ネットを越える時の高さと回転量をどうすれば良いボレーになるのかしっかり覚えておこう。

それを感じられるようになると、ボレーってちょっと打ちやすくなる。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

  2. テニス 準備
  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  4. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?

    試合の中で、「ラクに勝てたなー」という試合。振り返ってみて、み…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

    フォアハンドボレーを、コントロールボレーに。これは、みなさんの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ
  2. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう
  3. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. その他

    「熱くなった身体を冷やせ!」テニスの試合後に有効なクールダウンとは?
  5. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない
PAGE TOP