テニス リターン

ボレー

ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。

ドロップボレーも打ちたいけど、少し短く打って相手を走らせる、打点を低くさせるだけでも効果的ですよね。

基本的に、打ち方を変えないでも、これは出来ます。

ちょっとして意識で、ボレーの長さをコントロールする。

きっと、誰にでも出来るコツだと思いますよ。

 

ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

 

1.オススメは、グリップの握りの強さを変えること

他は、何も変えません。

グリップを、強く握るか弱く握るか。

この違いだけで、結構ボレーは伸びに差が出ます。

強く握れば、ボールは長く伸びる。

軽く握っておけば、ボールは伸びないで短くなる。

だからこそ、しっかり握る強さを調整する、ことで調整出来ると、凄く楽。

打ち方も変えないし、そこだけ、ですからね。

自分の握りの強さが、どれくらい飛びに影響していくのか。

これをしっかり、考えて練習しておきましょう。

 

2.振って調整、だからみんな上手くいかない

みなさん、やっぱりこれで調整しちゃうんですよ。

しっかり振って飛ばす、ちょっと振って弱くする。

これだと、絶対に安定しません。

長い、短いは、ラケットの振り方でどうこう出来る部分ではないんですよね。

特にボレーは、そうです。

緊張した場面で、数cmの幅を操作するなんて無理。

だからこそ、同じ強さでも、弱・中・強、くらいの握りの強さで調整する方が現実的です。

 

3.打ち方を変えないから、相手にもばれない

これも大きいですね。

相手にばれない、深く打つ雰囲気から浅く、その逆も打てる。

毎回同じような感じ、で打つのに微妙に長さが変わると、相手は嫌なものなんですよね。

なんだか、あの人やりにくいな・・・となる。

ハッキリしたドロップボレー、も打ちたいですけど、細かい前後差を付けるだけで相手は崩れてくれる。

テニスのボレー対ストロークって、そんなものですよ。

 

4.特に女性は、「浅いボール」が苦手

まず、走らないといけない。

それから、気付くのが遅れると諦めてくれる。

ボレーって、基本的に「打たれている感」が強いショットなので、相手は受け身になって引いてくれるんです。

試合慣れしていない女性の方って、2バウンドさせてしまうのはこれが原因。

打たれる!と思ったけど、実は浅かった・・・。

コントロールしていくのは、アナタですよ。

 

意外と、この握りの強さを変えていくのって、知られていない。

簡単なのに、もったいないですよね。

せめて自分の中で、弱・中・強、の3段階を作りましょう。

どの程度変わるのかを、フォアとバック、でしっかり考えておく。

しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

    今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    フットワーク

    フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじ…
  2. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく…
PAGE TOP