テニス ボレー

ボレー

厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあります。

これは、ストロークがボレーを凌駕している典型的な事象、ですね。

皆さんも試合の中で、かなり厳しいリターンを足元に打たれる、そんなケースも少なくないはずです。

じゃあ、前に出ない?

それもまた、もったいない話ですし、やっぱり私は並行陣、必要だと思っています。

但し、注意が必要なのはこの部分でしょう。

 

厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

 

1.並行陣の基本、サーブ&ボレー

まず、サーブを打ってそのまま打った人が前に出る。

サーブ&ボレーの基本からおさらいしましょう。

サーブを打って、そのままサービスライン1歩手前、くらいでスプリットステップ。

もっと脚力がある人は、もう数歩前に行けるかも知れませんが、私は早めに止まってステップすることをオススメします。

相手がリターンするタイミング、に合わせてしっかり態勢を整えてボレー。

この時のボレーが、ファーストボレー、ですね。

ネットから距離がある、しかも足元にも打たれやすいのでサーブ&ボレーの難しい部分。

しっかり対策を練っていきましょう。

 

2.速いリターンに慌てないこと

相手リターンは、当然攻撃してきます。

アナタがセカンドサーブになったら、尚更前に入って高い打点、で打って来るでしょう。

大事なのは、「まず気持ちで引かない」こと。

打ち込まれるからと言って中途半端なポジションにいると、余計に返球出来ない。

しっかり前に入って、低い態勢で低い弾道に対して準備する。

慌てないで、自分のアゴが上がらないように意識してみて下さい。

低く速いボールは、シンプルに上から抑える、ハーフボレーも上手く使えるように。

気持ちで引かないって、大事ですよ。

 

3.人は慌てると強くグリップを握ってしまう

相手リターン、私なら沈めて「アウトを打ってもらう」ように仕掛けます。

人って、慌ててしまうとラケットのグリップを強く握ってしまうんですよ。

そしてテニスでは、強く握るとボールは遠くへ飛んでしまう。

慌てた挙句に、返球出来るボールまで強く打って、伸びてアウトしてしまう。

この意識をしっかり持って、慌てずに柔らかいグリップの握りでしっかり返球する。

慌てなくても、相手の力を使えば良いですからね。

サーブ自体に、ボールに力がある。

その向きを変えてあげる、だけでファーストボレーは完成です。

 

4.ボールを運ぶのは足の踏み込み

出来るだけ、ボレーでも下半身を意識したい。

下半身、軸足でコートをキック!することで、ボールを飛ばしていくから安定感がアップするのがファーストボレーです。

このために、少し早く止まってステップ!すると良いと思いますよ。

どんなに強烈なリターンも、止まってしっかり打っているポイントを見ることが出来れば、身体は反応出来るはず。

足の踏み込みで運ぶ、と考えると上半身もリラックス出来る。

普段の練習から、上半身の力を抜いたボレー、習慣付けていきましょう。

 

グリップを握り過ぎていると、テニスの試合では握力がいくらあっても足りません。

8ゲームを4試合、がテニスの全国大会の1日の試合数。

勝ち続けていくには、上手く省エネテニスに調整していかないと。

力を抜いて、ボールを運ぶ。

これは、ボレー以外でも重要なテクニック。

アナタ自身、トーナメントを勝ち上がる選手になるには、避けて通れない技術だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  2. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  3. テニス ダブルス
  4. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる

    ボレーの打点は、前!でも、この基本って実は奥が深いんです。…

  5. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  6. ボレー

    叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー

    実戦的で、試合で使えるボレー。私は、このドロップボレーを凄く試…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど
  2. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
  3. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?
  4. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
PAGE TOP