テニス ダブルス

リターン

シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

シングルスの試合の必殺技。

今回は、私が使っているある「リターン」をご紹介します。

一見難しそうに見えても、実はすごく簡単。

初心者の方でも、試合で使えるオススメの技術、ですよ。

 

シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

 

1.ワイドへのサーブは、意外と多い!

シングルスの試合でも、結構多いんですよね。

ワイド方向へのサーブ、これは意図的に打ってきているというよりは・・・「そこしか打てない」ような人も多い。

長い距離が取れますし、センターよりも「入りそう」に見えますもんね、実際。

ここに気持ち良く打たせない、にはある秘策が必要。

アナタ自身が、リターンの時に意識してみて欲しいのは、「ワイドへのサーブは、アングルに切り返す」という発想。

これが、効くんですよ。

 

2.前に入って、ボールの外側を捕らえよう

アナタ自身、相手のサーブがワイドに来そう、と思ったら・・・しっかり前に入る。

ベースラインよりも1メートル内側、で外寄りに立って構えましょう。

きっと相手は、そんな動き見ていません。

自分のサーブに必死、ですから。

前に入って、いつも以上にボールの外側、をリターンで打つ意識を持ちましょう。

アングル方向に打っていく、コンパクトなスウィングをしっかり意識しましょう。

このアングルリターンは、「コントロール勝負」なショットなんです。

 

3.サーブを打った相手を、慌てさせるのが狙い

少し浅目、のアングルリターンは、相手を慌てさせる。

前に踏み込んで深いリターン、特にダウンザラインに飛んで来そうじゃないですか、こういう時のリターンって。

それをしっかり、アングル方向に打てる、コントロール出来ると効きます。

フォアハンドで打てるときにはしっかりスピン、バックハンドなら、私はスライスがオススメです。

若干ドロップ気味、でちょうど良い。

アングルリターン、を相手に印象付ければもう試合では勝ったようなモノ、です。

 

4.最低でも2回、実行しましょう!

1回だけだと、ダメ。

ミスしても良いので、しっかり2回実行することで、相手に警戒されるショットになります。

アングルリターン、がしっかり打てる選手ということをアピールする為に、最低でも2回実行することは大事です。

その次に、展開していきましょう、別なショットに。

ダウンザラインのリターン、アングルリターンとの逆方向のリターン、を組み込んでいく。

まずは、アングルコースのリターンに集中、ですね。

 

5.当てにいかないで、振り切れば入る!

細かい技術よりも、しっかりコンパクトに振り抜くこと、を意識しましょう。

パン!と合わせて、打ったらすぐに自分は戻る。

相手の意表を突くショット、ですから、そこに派手さは要りません。

エースを狙う必要も無い。

だからこそ、当てにいかないこと。

弱気に入れにいく、置きにいくようなリターンにしないで、しっかり打っていきましょう!

 

アングルリターン、難しくないですよ。

シングルスでもダブルスでも、使えると大助かりです。

ミックスダブルスのような試合でも、相手女性を動かすのに使えるリターン。

この機会に、ぜひ練習してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. リターン

    相手の前衛の、どこを見極めるのか?

    ダブルスの試合で、相手の前衛をチェックする。これ、意外と盲点…

  2. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

  3. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  5. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  6. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
  3. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 戦術

    なぜ試合では、「予測が外れること」が大事なのか
  5. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめ…
PAGE TOP