テニス テイクバック

リターン

リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうもさせてくれない。

錦織選手のような身長が比較的低い選手でも、しっかりキックしてくる、弾んでくるセカンドサーブを打ち込んで来ます。

このサーブを、安全策で下がって返球していては、相手にとって脅威にならない。

テニスでは先に攻撃して、相手にプレッシャーをかけていくことが、特にリターンゲームでは重要になります。

今回は、「バックハンド側を弾むサーブで攻撃されたとき」に有効な対策を考えてみます。

 

リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

 


 

■ボールの弾み方を、確認しよう

サーブはスピンサーブ、スライスサーブ共に曲がり方が異なります。

特に男性でしっかり回転がかかったサーブは、バウンド後に逆方向にキックしていくのが特徴。

この弾み具合をしっかり確認したいので、あえて最初は失敗しても良いのでサーブのバウンド地点に踏み込んでみましょう。

近くで見ることで、よりしっかりその回転を確認できる。

恐れて後ろで待っていては、いつまで経っても守備的な展開を打破できません。

 

■しっかりライジングで捕える為にテイクバックは高く

ラケットの準備は、しっかり高い位置に構えましょう。

顔の横、もっと上くらいでも良い。

ボールを上から抑える為には高さが必要で、低い位置だと弾かれてしまいます。

もう一つ、しっかりラケット面は下を向いた状態でキープすること。

「ネットしちゃうかも・・・」と思っても、大丈夫。

きっと下を向け過ぎているくらいで、リターンは上手くいきます。

 

■ボールのバウンド地点に、思いっきり近づこう!

これが一番のポイント。

キックするサーブは、バックハンドでも自分から離れていくようなバウンドの軌道になる。

まして、バックハンド側はリーチが短いので、ボールに「近づき過ぎ」くらいでも大丈夫。

バックハンドをサーブで狙われるとどうしても気持ちが引いてしまいがちですが、それでは良いリターンは返せない。

まずはバウンド地点をよく見て、高いテイクバックで身体でぶつかっていくくらいの意識で向かっていきましょう!

 

慣れてくると、回転量の多いサーブは「ボールが止まって見える」感覚になります。

もちろん、油断は絶対禁物。

そういったサーブは、バウンド後に本領を発揮するのです。

速い準備、速い振り出し、くらいでちょうど良い。

まずはバックハンドでしっかり打てるように、ライジングショットでのリターンを磨きましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. その練習を、疑おう
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  2. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  3. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く…

  4. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

    リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。リ…

  5. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

  6. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折…
  5. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
PAGE TOP