テニス サーブ

リターン

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。

そんなときに、相手のセカンドサーブは大きなチャンスになる可能性があります。

失敗しても良いので、ハッキリとした攻撃やアタックは、序盤で必ず見せておきましょう!

 

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

 


 

■テニスの試合での序盤の奇襲は最後まで根深く残る!

アナタも経験、無いですか?

序盤での奇襲からポイントを取られることは、テニスの試合において非常に嫌なもの。

そのイメージは、試合の後半まで引きずります。

序盤はセカンドサーブも入り辛く、甘くなってしまいがち。

ここを突いていかない手は、ありません。

 

■例え失敗しても良いから、ハッキリしたプレーを見せておく

「甘いといつでも、狙うよ」というメッセージを、相手にしっかり与えましょう!

目的は、サーバーに精神的なプレッシャーを与えること。

1ポイントを獲ることだけに執着すると、手堅い攻めになってしまいがち。

奇襲作戦ですから、リターンエースを獲るくらいの気持ちで挑むこと。

ハッキリとしたプレーを実践してみて下さい。

 

■0-40、15-40 のタイミングが仕掛けるタイミングとしてはベスト

奇襲でポイントを撮ってゲームを終えると、更に流れが来やすい。

実施しやすいカウントを、自分の中でも目星を付けておきましょう。

0-40、15-40ですと、相手もセカンドサーブは安全策で入れてきやすい。

しっかり回り込む、前に行くなどのプレーで、相手のチャージしていくこと。

プレーにメリハリを付ける、テニスに必要な勇気が求められます。

 

アナタが思っている以上に、相手はセカンドサーブに自信が無い。

シングルスの中級レベルであれば、「リターン側が有利」くらいの自信を持ちましょう。

最初はリターンミスになってしまってもOK。

試合で使えるオプション、武器として、こういったアタックの技術は磨いておいて損は無いです。

 

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨こう!」その理由はシ…

    ダブルスの試合、「試合慣れしてるな・・・」と感じるのはリターンダッシュ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  3. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く…

  6. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこ…
  4. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に
  5. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス
PAGE TOP