リターン

「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るもんでは無い。

相手ボレーに読まれると逆にカウンター喰らって失点する可能性高いから、それなりストレートじゃないとマズイ。

 

「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

 


 

だからと言って、凄いショット打って取れないようにしてやろう・・・なんて思うとミスする可能性が高くなるし、何より相手に「今から打ちますよ!」ってアピールすることになるので、相手はむしろ覚悟して待ってしまう。

それじゃあとても効果あるストレートにならない。

もちろんストレートを抜くというのは、それなりの質が求められるんだけど、大事なことは「え?ストレート・・・・?」って相手が意表を突かれるシチュエーションで打てるかどうかなんだよね。

だから、ストレートを打つまでは、しっかりとクロスへのレシーブをきっちり打っていることを印象付けることが必要になる

ということは、ショートクロス気味の印象的なレシーブを打った後にまた自分にレシーブが回ってきたら時なんかは、ストレートに打つチャンス。

正面のボレーの選手はさっきの鋭いクロスレシーブの印象があるから、もう頭の中の意識はクロスにあることが多い。

しかしここで「ストレートを抜いてやる」という表情でジッとストレートを凝視しているとばれてしまうので、ここはまたクロスに良いレシーブ打ってやろう的な雰囲気を醸し出し、相手の意識をストレートから遠ざけよう。

こんな感じで相手ボレーの選手をしっかりクロスへ意識させることが出来た状態でストレートへ打てれば、よっぽど甘いショットじゃない以上カウンター喰らって決められることも少ない。

 

そう、ストレートが抜けるかどうかは威力ではなく、事前準備なんだよ

ちゃんとストレート打つ為の環境を整えてからストレートに打とう。

一番まずいのは、相手にポーチボレーでやられた時。

次に回ってきたレシーブで慌ててストレートを打つパターン。

さっきのポーチボレーをまたやるんじゃないかと警戒して、ストレートに打ちこむ・・・というのは、相手にしてみたら超読み易いパターン。
 



 

しかもそれは精神的にも逃げていることになるよ

たまにしか打たないダブルスのストレートショット。

だからこそ、打つ時のシチュエーションをしっかり決めて、数少ないストレートを試合の中で効果的に活かしてもらいたい。

正面のボレーは、ポーチ出ようとしている?

ストレート守ろうとしている?

常に正面ボレーを観察すること。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

  2. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  4. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  6. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

    リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。…

特集記事

  1. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありま…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう
PAGE TOP