ダブルス

「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキープ率は上がる!

この時期、どこの学校の部活も益々盛り上がっている。

基本的に普段のテニスの練習はというと、シングルスを想定した練習になりやすいから、ダブルスの試合前はダブルス練習を行う事が多い。

俺も幾つかの学校の部活を指導しているのでその中でダブルス練習を行うんだけど、共通して注意している点がある。

 

「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキープ率は上がる!

 


 

それは・・・ファーストサーブを入れることだ。

ファーストサーブってどういう風に考えてる?

セカンドサーブがあるから、一か八かで打って良いサーブって思っていない?

色んな部活で見ていると、ファーストサーブはいきなりドーンって打ってフォルトして、そこからセカンドをチョロっと入れるというパターンを繰り返し行っているペアが多い。

でもたまにファーストサーブがラッキーな感じで入り、それで決まってしまうから調子に乗ってまた次のポイントもドーンって、あまり入らないファーストサーブを打ち続けるのだ

でも5本に1本くらいしか入らないファーストサーブだとすると、5ポイント中4ポイントはセカンドサーブからスタートしていることになるでしょ?

そうなるとどうなるかと言うと、レシーバーの方が攻撃的にスタート出来るんだよ。

そうすると狙われやすいのは、サーブする人のパートナー

レシーブ側は緩いサーブを思いっきりフォアで回り込んで前衛にぶつけてミスさせようって作戦を取りやすいのだ。

サーブのパートナーって何のためにネット際にいるかと言うと、攻撃するためでしょ?

その前衛が相手攻撃の的になるなんてとんでもない話。

だったら、ネットに立たないで最初からベースラインにいた方がディフェンスに徹する事が出来る。

でもちゃんとネットに立って待っているって事は、ファーストサーブを入れてくれることを期待しているってことだよ

サーブが良ければレシーブミスもらいやすいし、返球されたとしても甘いレシーブになりやすい。

でも良いサーブでポイント稼ごうって考えはダブルスでは効率が悪い。

それよりもせっかく最初からネットにいるパートナーを使ってポイントを稼ぎたい。

そのパートナーが活かされるのはファーストサーブなんだよ。
 



 

だからファーストサーブを頑張って入れてあげて。確率は最低でも80%!

頑張れ!

その代わり、パートナーはファーストサーブが入ったら動いてポーチボレーに行ってよ!!

ポーチする自信が無ければ、ポーチに行くフリでも良いから動き回ること。

ハッタリでもかまわない。

二人で協力して戦う・・・それがダブルスなのだ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由

    ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがあるそれは、相手前衛…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

    ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  4. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

    ダブルスの試合で、良いペアってどんなペアでしょう?色々あると思…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  6. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ

    思い切って、ネットに詰めたポジションを取る。これが出来るよう…

特集記事

  1. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
  2. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です
  3. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
  4. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
PAGE TOP