ダブルス

ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。

硬式テニスでは前衛専門、という訳にはいかないので後衛のプレーも基本をしっかり抑えておかないといけない。

ストロークが苦手?

だったら戦い方は、工夫次第。

その為にも、まずはテニスの試合のダブルスの試合、後衛に求められる役割についてまとめてみました。

 

ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

 


 

1.ゲーム全体をコントロールする

後衛はゲームメイカー。

司令塔となり、前衛をしっかり使ってポイントを作っていく役割が求められます。

まずはサーブを入れる、リターンを入れる、ところが最低限の役割。

その中で、相手をいかに崩していくかのイメージを持ってプレーしていきましょう。

 

2.相手の実力に応じた展開力が求められる

よく後衛は、「ひたすらクロスで粘る」ことが役割とされています。

間違いではありませんが、かなり格上でストロークが強力な相手だと、それも厳しいですよね?

であれば、実力を見極めてストレートに展開する、勝負のフィールドを変えることも後衛の役割。

自分たちと相手の実力を客観視して、的確な判断が後衛には求められます。

 

3.チャンスを引き出して前衛を使う

後衛は後ろのポジション、ですのでなかなか自分のショット単発でエースにはなり辛い。

だからこそ、前衛に決めてもらうためのショット、ゲームメイクが求められるのがテニス。

例えばドロップショットで後衛を走らせたり、前衛にロブを触らせて厳しいハイボレーをさせたり、前衛に活躍してもらう土壌を作りましょう。

そういう武器、手数はアナタにとって必要です。

 

4.雁行陣と並行陣の使い分け

ダブルスでは2人で前にいく並行陣、そして後衛がベースラインに留まる雁行陣、の大きく分けて2つの陣形がある。

この2つを使い分けるのは、後衛であるアナタの役目です。

しっかりと両陣形の違い、後衛の配球セオリーは頭に入れてプレーできるようにしておかないといけません。

特に雁行陣でプレーする方は、前のスペースにダッシュ出来る力、ストローク力は求められますので、注意して練習しておきましょう。

 

5.安定したサーブ力とリターン力

シンプルに、後衛にはこの2つの力は大事です。

何も、速さや力だけじゃない。

味方の前衛もいる訳ですから、安定感を持って前衛に活躍してもらうサーブ、リターンが必要です。

後衛の役割を果たしたければ、最初のショットであるサーブ力、リターン力のアップは不可欠です。

 

「当たり前じゃん・・・」と思った方も多いと思います。

そう、後衛には当たり前と呼ばれる、基本となるプレーがコンスタントに求められるのです。

テニスが上手くなっていく、ということは後衛でゲームメイクが出来るようになること。

学生の皆さんも、ぜひダブルス巧者を目指して、頑張って下さい!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと

    テニスの試合で強い人は、良い意味で「うざさ」がある。うざい・・…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも知れません

    ダブルスで、「Iフォーメーション」にトライしている皆さん、ポイントにつ…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを…
  2. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスだ!ボレーで決めれる!」ときにこそ、パワーではなく強気にコースで勝負し…
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?
PAGE TOP