テニス ダブルス

ストローク

テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

ストロークで相手の足元を狙うシチュエーション、ネットプレイヤー相手には多いですよね。

高い位置でボレーさせてしまっては決められてしまう、ので足元でローボレーをさせたい。

ですが、足元を狙い過ぎてしまうと・・・そう、アナタ自身もネットミスが増えてしまう。

大事なのは、ストロークでの狙いをどこに置くか、です。

 

テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

 


 

■ネットプレイヤーには、どんどんミドルボレーをさせよう!

私の感覚では、ミドルボレーは怖く無い。

腰あたりの位置、でネットから少し離れた位置でボレーされる分には、脅威に感じることはありません。

逆に膝より下を狙い過ぎて、ネットミスになる方が確率としては高いでしょう。

ミドルボレーを相手にさせる、つまりは腰の位置くらいを狙う意識で充分。

腰の位置であればネットよりも少し高い位置、ですのでプレッシャーも少ないはずです。

 

■高い打点で打てるときに、初めてひざ下を狙う

アナタがチャンスを引き出して、高い打点で打てるときにはひざ下を狙うことも出来る。

この段階まで、しっかりチャンスを待ちましょう。

低い打点から、低い位置には打てない。

テニスではネットという障害物がありますからね。

自分の攻撃していくタイミングを、ネットプレイヤー相手には間違わないように注意しましょう。

 

■低いボールよりも、もっとロブを使おう!

足元にばかり意識がいくと、攻撃も単調になります。

沈めてくる相手に対しては、前に詰めれば怖く無い。

私なら、そうします。

だからこそ、ロブが必要なんです。

ロブで相手を下げさせる、ことが出来れば足元に打てる範囲を拡げていけるのです。

そう、ネットから下げさせる冷静な判断に基づくロブ、は沈めるショットとセットで絶対に必要です。

 

とにかく試合では、慌てず相手にボレーさせましょう。

そして慣れてきたら前に詰めて来る、のを想定してロブを用意しておく。

しっかりラリーをしていく自信が出来れば、ネットプレイヤーは怖くありません。

プレッシャーに感じるのは、自信が無いから。

自信を養うには、練習と実践しかありません。

どんどんチーム内でも、ボレーヤーに対してのメニュー、増やしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. その練習を、疑おう
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. ストローク

    「平凡ショットでパッシング」が打てるようにテニスの試合では早めの準備で相手にアピールを!

    パッシングショットの練習ってやってる?相手がボレーに出てきた時…

  2. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

    ストロークラリーをしている中で、急に浅いボールが来た!だけどバ…

  3. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ま…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴

    スライスショットは絶対に必要である。「別にスライスで繋ぎまくっ…

  6. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  2. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?
  4. サーブ

    シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない
  5. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ
PAGE TOP