ストローク

バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?

特に、女性のみなさんで悩んでいる方が多いと思います。

バックハンドストローク、高く弾むボールを上手く処理出来ない・・・と。

この問題は、打ち方で解決するには時間がかかります。

私なら、一気にポジショニングで解決したい。

だって、確実に試合で狙われますからね。

 

バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?

 


 

1.ハードコートでの戦いの、安パイ

相手女性のバックハンド、の高いところ。

これは、ミックスダブルスで狙います、確実に。

ハードコート、ならよりボールが弾みやすいですから、ここを狙って楽に崩していける。

アナタ自身、これをやらせはダメなんです。

女性でなくとも、片手バックハンドでスライスを使えない男性、も泣き所じゃないですか。

下がって打つ?

そんなテニスに未来は無いでしょう。

 

2.前に出ること、で解決できる

基本的には、これです。

ネットに出れば、ストロークは打たなくて良い。

あまりにもしつこく狙われるようなら、並行陣で戦うような決断も大事でしょう。

ストロークを避けることは出来ます、テニスでは。

ただ、毎回前に出るのも辛い・・・という感じになりますよね。

であれば、ポジションを前にして、ベースラインの1歩内側に立つ。

そうすれば、自然とライジングショットも打ちやすくなります。

 

3.ベースライン後方から前に踏み込んでライジング、無理がある

私でも、出来ません。

相手が打った瞬間から前に入って、そこでライジングショット、無理です。

これが出来ないから、下がる人が多いんですよね。

ポジションは最初から前にして、ライジングショット用にしてしまう。

この意識、すごく大事です。

ベースラインの1歩内側なら、深いボールはその場にいてもライジングで打てる。

浅いボールなら少し前に入るだけ、でライジングで攻撃的に打てる。

ポジションを基本前、にしておくだけで、バックハンド側に高く弾むボールは返せます。

ハッキリ変える、ことが出来ないと上達は厳しいでしょう。

 



 

4.必要なのは、勇気だけ

このまま、下がり続けるのか。

それとも、ネットに出たり、ポジションを変えていくのか。

自分自身の勇気、が求められています。

私からすると、決め手は「相手は何が嫌なのか?」に尽きる。

相手からすると、下がって欲しい訳です、バックハンド側に高く弾ませて。

そうさせないのか、下がってしまうのか。

アナタの勇気、が求められているだけの話です。

 

変えるのは難しい。

誰だって、自分のテニスを変えるのは辛い。

下がった方が安全に返せる、と思いますからね。

でも、それで勝てる相手は増えますか?

もう一度、バックハンドストロークの高い打点、をどうするのか考えましょう。

アナタ自身が、もう答えを持っているはずですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  4. テニス コート

    ストローク

    「ラリーをつなぐことが楽しい!」レベルを卒業したら、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスを始めて半年、くらいの方はまず、ラリーがつながることから楽しさを…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

    ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう!

    スライス系のショットを打つ時、肘ってどうなってる?スライスって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの前衛、ポジションはもっと〇〇で!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっ…
  3. テニス メンタル

    その他

    新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につ…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    見せかけIフォーメーション、効果は絶大
  5. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩
PAGE TOP