ロブ

実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使っているかい?

ダブルスの試合の中でよくロブは使う方なんだけど、どっちかというとスライス系のロブが多いかな。

コンパクトなスィングでブロックするような感じでロブを打っているんだけど、トップスピンロブを使うことももちろんあるよ。

どういう感じで使い分けているかというと、相手がしっかりスマッシュを打ってくるよう相手の場合は、比較的トップスピンのロブを使う。

 

実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使っているかい?

 


 

でも、しっかり振り抜いて打つトップスピンロブは、上手く行けば相手の頭上を抜いたらそのままエースになることもあるから重宝するけど、技術的にはスライスロブよりも難しいからいつでもどんな時でも打てる訳じゃない。

なので試合の中でもロブを使うことにためらっている人、多いんじゃない?

相手がネットプレーに出てくるからロブを使いたいけどスライスロブだと、どうしても追いつかれてしまって、逆にスマッシュでやられてしまうし、トップスピンロブだとミスしたり甘くなったりしてしまうリスクも大きいし・・・。

 

でもロブを打たないで、ネットプレーヤーを撃退しようとするのはとても難しい。

ロブがあるからこそ、相手はネットにドン詰め出来ないんだし、ドン詰め出来ないからこそ、こちらはトドメを刺されにくい。

ロブがないのがネットプレーヤーにバレると、後ろ気にせずどんどんネットに詰めれるからね。

ロブがあると当然相手は1stボレーのあとは様子を見るでしょ?

となると、相手ボレーも決定力が半減するどころか、相手の足元にもボールを集めやすくなる。

これはやっぱりロブを使ったほうがいいよね。

 

特にトップスピンロブは、しっかりトップスピンをかける訳だから、足元へしっかり回転多めのストロークを打つのとリズムや構え方が似ているんだよ。

ショートクロスにトップスピンでパスを抜くぞ・・・的な感じから一気にストレートのトップスピンロブなんかを打てば、相手は一歩も動けないなんてことになるのだ。

でもリズムや構え方は似ていても、当然ショットは違うんだからどこかを変えないといけない。

ロブと普通のストロークとどう変えていくかと言うと、ラケットダウンさせる場所と、打点の関係、これが重要なんだよ。

具体的に言うと、トップスピンロブを打つ時の方が、よりラケットダウンの位置が打点の真下に近い形となるのだ。

打点の真下に近いところでラケットダウンをさせれば、ほぼ真上にラケットがボールを打ちに行く形になるでしょ?

そうすると、しっかりボールを持ち上げることが出来るし、回転も掛けることが出来る。

 



 

だからテイクバックが大き過ぎて、ラケットダウンの位置も後ろ過ぎる人はなかなかボールが上がりにくい。

打点も後ろの方になってしまって、詰まった当たりになるしね。

打点は基本的に前なんだから、ラケットダウンの位置も前の方に移動させてやれば、一気に持ち上げて回転を加えることが出来るのでトップスピンロブは使いやすくなるのだ。

最初にも言ったように、トップスピンロブは普通のストロークと同じリズムや構えから繰り出せる。

なので、ロブと対照的な足元に沈むショットと組み合わせて使うとより効果は高いので、「足元打つぞ~」ってネットプレーの相手に脅しをかけるような雰囲気からのトップスピンロブが打てるように意識してみよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. ロブ

    人がロブを打ちたくなる瞬間、には法則がある

    みなさんも試合をしていて、感じることがあるはず。「ロブが来そう…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  3. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  5. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がり…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?
  3. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たとき…
  4. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバック…
PAGE TOP