テニス ボレー

ストローク

テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

ストロークの準備が遅い人ってけっこう多い。

中には、準備の遅さで打点が食い込まれてるんだけど、それに慣れてしまって、食い込まれながらも器用にスライス気味で返球している人なんかもいる。

そんな誤魔化すテクニックを覚えるよりも、ちゃんと早めに準備して打ちやすい打点でストロークした方がいいんだけど、なんでこれだけ準備の遅い人がいるんだろう。

 

テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

 


 

そしてどうすれば改善されるのかな。

まずその遅い準備が身に付いてしまう原因の一つに、ボール出しの基礎練習がある。

テニスを始めた頃、この基礎練習で徹底して反復練習した人は多いと思うんだけど、ボール出し練習のボールってゆっくりで打ちやすい。

まだ準備をし始めるタイミングが分からない人は、何かをキッカケにラケットのテイクバックを始めたいんだけど、このボール出しのゆっくりなボールは、バウンドするタイミングに合わせてテイクバックをすると、丁度打ちやすいから、思わずそのタイミングで覚えてしまうのだ。

 

そして最初のこのボール出しの練習で、バウンド後に準備するという遅い準備の癖が身に付いてしまう人が増える。

ではこの遅い準備の癖はどうやったら治るんだろう。

キーポイントはバウンドなんだけど、そのバウンドを「準備を始めるキッカケ」と思っている人は、その考えを捨て、むしろ「バウンド直後のボールを打ちたい」って思って欲しい。

バウンド直後のボールを打とうとすれば、当然バウンドするまでには準備を終えて待っていようとするからね。

 

しかも実際の試合でも、バウンドした後、そんなに時間を掛けて対処してばかりだと、相手の浅いショットのチャンスも逃すし、深いショットも必要以上に下がって処理しないといけない。

「バウンド直後のボール」という表現をしたけど、それはいわゆるライジングってことになるよね。

ライジングを積極的に取り入れると、自然と準備が早くなりやすい。

だから試合中に、消極的になってライジングをやめ、バウンドをした後時間かけて打とうとすると、同時に準備も遅くなってしまう。

そんな経験あるでしょ?

もう一つ準備を早くする方法がある。

 

それは相手へのアピールだ。

「逆クロスへ打つぞ!」とか「強く打つぞ!」という感じで相手に打つ前アピールしておきながら、それとは違うコースやショットスピードを見せると相手は読み辛く、対応もしにくくなる。

違う言い方をすれば、コースを隠すってこと。

その為には、当然早い準備が必要不可欠。

ストロークに限らず、どのショットも打つ前に相手へ「色んなところへ打てるんだよ、俺は!」ってアピールしてみよう。

そうすると、自ずと準備も早くなる。

 



 

いつも打点が食い込まれる人、それから準備の時慌ただしいってイメージを持っている人は準備が遅い可能性が高い。

「準備を早くしよう!」って自分へ言い聞かせることも大事だけど、もっと効率良く早い準備を手に入れるためには「ライジング」と「相手に色んなコースのアピール」、この二つを意識すること。

早い準備を手に入れて、余裕を持ったプレーをしたいもんだね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

  2. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて

    深いボールのストローク、になると急激に増えるもの。それはミス、…

  3. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘るのは難しい

    ストロークのときの自分の軸足、意識出来ていますか?踏み込んで攻…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

    テニスの試合、特にダブルスですね。試合を動かす、思い切ったショ…

特集記事

  1. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
  2. リターン

    錦織選手に学ぶ、「ビッグサーバーとはこう戦え」
  3. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!
  4. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
PAGE TOP