ストローク

試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

スライスってよく使う?

俺はかなりシングルスだけじゃなく、ダブルスもスライスを多用している。

その理由は、まず楽チンだから。

 

試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

 


 

手を抜いてる?いやいや、楽にボールを飛ばすことが出来るということは、大きく走らされて状況が苦しい時にも返球しやすいということだし、楽にボールを飛ばせるということはスィングをコンパクトに出来るわけだから相手にコースを隠しやすくなるし、急なコース変更も可能となる。

威力はトップスピンに比べると少ないけど、そこがスライスの魅力でしょ?

ということは、スライスをマスターしたいとき、何を気を付けながら練習しなきゃいけないかというと、「楽ちん」ということなんだよね。

 

労力惜しまずガンガンとスライスを打っていてもなかなかコツは掴みにくい。

大事なことは、どれだけ少ない労力で伸びのあるしっかりしたスライスを打てるか・・・なんだから。

そこでまずスライスの練習でやってもらいたいことは、フォロースルーを使わないブロック系のスライス練習。

ボールを打った瞬間、ラケットをそのまま止めてしまうのだ。

フォロースルーをしないってことは、テイクバックもあまり大きく取れないんだよ。

テイクバックが大きいとフォロースルーも大きくなりやすい。

 

それからフォロースルーでボールを運べないから、打った瞬間のアタリだけでボールを飛ばすということになる。

そうなると、打点の位置や足の使い方、ヘッドアップの角度やボールを捕らえる角度まで効率良くボールを飛ばす方法を探し始める。

ここでフォロースルーをしっかり入れたスライスとなると、どうしても腕力でボールを運ぶことを優先させてしまう。

そんな不効率なスライスは試合で使えないからね。

そういった練習で効率良くボールを飛ばせるスライスのコツを掴んでからフォロースルーを付けていけば良い。

 



 

でも実際、試合の中でもフォロースルーをしないで、打った瞬間スィングを止めるようなブロック系スライスもよく使うよ。

大きく左右に振られた時などは、スライスで凌ぐんだけど、打った直後出来るだけ早く元のポジションに戻らないといけないでしょ?

そういう時はフォロースルー無しのブロック系スライスが必要。

それから、ブロック系スライスは、ボレーなんかにも応用しやすい。

スライスの基本練習をする時、状況としてはあまり追い込まれた場面でやらないでしょ?

ボール出し練習でやったり、相手とお互い動かないで打ち合ったり。

そうなると時間的にもポジション的にも余裕が出来てしまうから、どうしてもしっかりスィングするスライスになってしまうんだよ。

でもそんな状況下でのスライスも大事だけど、それよりも欲しいのは走らされてギリギリの状態からスライスで凌いだり、相手の速いショットを受けた時に使うブロック系のスライスショット。

 

そのためにもコンパクトなテイクバックでフォロースルー無しという条件でスライスを練習してみよう。

労力を惜しまないとスライスは上手くならないよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい…

    スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

  3. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  4. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  5. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

    低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。…

特集記事

  1. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる
  3. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい
  4. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方
  5. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる
PAGE TOP