ストローク

試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

スライスってよく使う?

俺はかなりシングルスだけじゃなく、ダブルスもスライスを多用している。

その理由は、まず楽チンだから。

 

試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

 


 

手を抜いてる?いやいや、楽にボールを飛ばすことが出来るということは、大きく走らされて状況が苦しい時にも返球しやすいということだし、楽にボールを飛ばせるということはスィングをコンパクトに出来るわけだから相手にコースを隠しやすくなるし、急なコース変更も可能となる。

威力はトップスピンに比べると少ないけど、そこがスライスの魅力でしょ?

ということは、スライスをマスターしたいとき、何を気を付けながら練習しなきゃいけないかというと、「楽ちん」ということなんだよね。

 

労力惜しまずガンガンとスライスを打っていてもなかなかコツは掴みにくい。

大事なことは、どれだけ少ない労力で伸びのあるしっかりしたスライスを打てるか・・・なんだから。

そこでまずスライスの練習でやってもらいたいことは、フォロースルーを使わないブロック系のスライス練習。

ボールを打った瞬間、ラケットをそのまま止めてしまうのだ。

フォロースルーをしないってことは、テイクバックもあまり大きく取れないんだよ。

テイクバックが大きいとフォロースルーも大きくなりやすい。

 

それからフォロースルーでボールを運べないから、打った瞬間のアタリだけでボールを飛ばすということになる。

そうなると、打点の位置や足の使い方、ヘッドアップの角度やボールを捕らえる角度まで効率良くボールを飛ばす方法を探し始める。

ここでフォロースルーをしっかり入れたスライスとなると、どうしても腕力でボールを運ぶことを優先させてしまう。

そんな不効率なスライスは試合で使えないからね。

そういった練習で効率良くボールを飛ばせるスライスのコツを掴んでからフォロースルーを付けていけば良い。

 



 

でも実際、試合の中でもフォロースルーをしないで、打った瞬間スィングを止めるようなブロック系スライスもよく使うよ。

大きく左右に振られた時などは、スライスで凌ぐんだけど、打った直後出来るだけ早く元のポジションに戻らないといけないでしょ?

そういう時はフォロースルー無しのブロック系スライスが必要。

それから、ブロック系スライスは、ボレーなんかにも応用しやすい。

スライスの基本練習をする時、状況としてはあまり追い込まれた場面でやらないでしょ?

ボール出し練習でやったり、相手とお互い動かないで打ち合ったり。

そうなると時間的にもポジション的にも余裕が出来てしまうから、どうしてもしっかりスィングするスライスになってしまうんだよ。

でもそんな状況下でのスライスも大事だけど、それよりも欲しいのは走らされてギリギリの状態からスライスで凌いだり、相手の速いショットを受けた時に使うブロック系のスライスショット。

 

そのためにもコンパクトなテイクバックでフォロースルー無しという条件でスライスを練習してみよう。

労力を惜しまないとスライスは上手くならないよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  3. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ

    グリップの持ち方って、一応それぞれのショットに対して主流はあるけど、人…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

    私がつい最近、改めて感じた事。試合の中で崩れていく・・・ときの…

  5. テニス リターン
  6. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

    粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース…

特集記事

  1. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!
  2. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを
  4. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です
PAGE TOP