テニス サーブ

日々の雑記

「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。

冬季オリンピックも、約1/3が採点競技・・・って、みなさん知ってました?

採点+飛距離、のような競技もあれば、採点だけのフィギュアスケートのような競技もある。

「美しさ」で勝敗を決する、ちょっと観戦している私たちには分かり辛い部分もありますが、それもテニスのような対人競技以外の魅力、とも言えると思います。

 

私も何度か、テニスは「美しさを競う、採点競技では無い」と書いてきました。

その想いは、基本変わりません。

でも、それって「勝敗に直接、関わらない」というだけの話。

実は、「採点」っていう要素、私はあると思いますよ。

 

その採点とは、みなさんの周りの仲間、関係者です。

きっと自分で思っている、感じている以上に、自分自身のテニスを見ている人はたくさんいます。

それこそ、細かい部分、試合中の細かい仕草まで・・・。

その部分を、「応援したいな」「さすがだな」と思ってもらえるかどうか。

逆に、「何だこの人」「強いけど、一緒にテニスをしたいとは思わない」と感じられたら、どうでしょうか。

その採点、の結果が、そのままアナタのテニスライフを形作っていく。

強い選手、テニスの試合で結果を出せる選手は、自分で成長出来る環境を掴んでいく。

その為に、「周りの人に採点されている」という感覚は、持っておいて損は無いと私は思います。

 

勝敗は、「細部に宿る」と私は考えています。

細かい部分を、いかに大切に出来るのか。

試合の中で、周りの目を気にして臆病になる必要はありません。

当たり前のことを、試合の中でも当たり前のように行う、そして細かい思いやりを持ってテニスと真摯に向き合う。

学生のみなさんにだけ向けたメッセージ、ではありません。

社会人、ベテラン、シニアや主婦のみなさん、にこそ、私は必要だと思っています。

 

細部に宿る、実はテニスの神様が見ている大事な部分。

採点競技、くらいのつもりで良いでしょう。

厳しい目、を自分の中で受け入れる。

その寛容さがあれば、まだまだテニスは上達していける。

私はそう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整

    今回は、少し重たい話題になります。あえて書かないと、と思って…

  2. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

  4. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない

    この時期は、大学のテニスの試合が一区切り。体育会では公式戦のリ…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ

    テニスの上達に、必要なこと。たくさんあると思いますが、最近私が…

  6. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  2. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか
  5. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
PAGE TOP