テニス シングルス

日々の雑記

「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい

先週末の3連休、とにかく暑かったですね・・・。

関東では台風がそれて真夏並みの天気、試合に出ていたみなさんはさぞ大変だったと思います。

今日も温かい日差しが射してますが、これも今週くらいまででしょう。

ここから先は、本格的な秋・冬のシーズンに。

気が付けば・・・今年もあっという間ですね、本当に。

 

秋は色々、テニスの部やサークルで新しいチームがスタートする時期。

ということは、引退して受験勉強、就職への準備、という方もすごく多いと思います。

学生のみなさんにとっては、秋は新しい環境になるという方が多いんじゃないでしょうか。

私も、高校時代はめちゃくちゃ遅い受験勉強を開始した、苦い思い出もあります。

今回は、この「引退」について。

 

このことを書こうと思ったのも、このニュースを読んだからです。

部員2人の創部から10年。横綱・日大三から大金星を挙げた目白研心ってどんなチーム?

私がテニスで伝えたいこと、願っていること、にすごく通じるものがあります。

引退って、燃え尽きてするものじゃない。

まだまだ希望を大きく持って、今のカテゴリを卒業するだけ。

テニスを引退、なんてする必要無いですよ。

まだまだ長い人生の中で、成長していけるし上手くなっていける。

試合にだって、出ることが出来る。

学生時代にテニスを頑張って、燃え尽きてテニスから離れていく・・・のが、今のテニス界の現状じゃないでしょうか。

当然、やる環境が整っていない、お金がかかり過ぎる、色々な問題はあると思いますが。

 

テニス部、サークルで、楽しいと思えるテニス、感じられるテニス。

これには、まだまだ工夫が必要でしょう。

型にはめられて、それが出来ないと否定される、試合に出られなくなる。

そんな部活やサークル、まだまだ多いですからね。

テニス部にとっての成功、それは部として勝つことはもちろんですが、それ以上に大事にして欲しいことがある。

同窓会で集まっても、テニスが出来る。

何十年経っても、テニスをプレーして心身ともに健康で生きていける。

こういう部、サークルって、最高じゃないですか。

私は、こういうところにこそ、テニスは価値を見出していけると信じています。

これからぐっと寒くなる時期ですので、みなさん体調管理には気を付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    日々の雑記

    「錦織圭」選手について、アナタは自分の意見を持っておく必要がある

    重たいタイトルですみません・・・が、最近思うことを、書いてみたいと思い…

  2. テニス 環境

    日々の雑記

    テニスはこれから、「情報格差」の時代へ

    数年前までは、情報格差なんてほとんど無かった。みんなが同じよ…

  3. 日々の雑記

    YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

    先月から少しずつ始めさせて頂きました、YouTubeでの動画公開。…

  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

  5. テニス 雪

    日々の雑記

    自分の未来から、タイムスリップして戻って来た、って考えてみない?

    やっと暖かい日が増えてきましたね・・・。それでも関東は昨日、今…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近はずっと、関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?
  2. 戦術

    「事実」と「意見」を、区別出来ない人達
  3. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!
PAGE TOP