ダブルス

相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。

ダブルスの試合で、ストレートへのリターン、前衛を攻撃していくことは大事。

ですが、これをいかに先手を取ってやれるかどうか。

相手が動いてからだと・・・もう、遅い。

作戦の効果としては、半減してしまうでしょう。

 

相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

 


 

1.先に打たないと、意味が無い

相手の前衛、を攻撃していく。

このスタンスを、いかに最初に見せられるかが大事です。

ストレートに打つなら、最初のゲーム、最初のポイント。

なぜなら、恐らく相手は先に動いて来るからです。

そうなると、何が起きるのか。

ストレートに打っても、相手は誘って待ち構えている可能性が高い。

作戦として、後手になってしまう。

もちろん、多少の効果はあるでしょうが、相手へのインパクトで言えば大きな差が出来てしまうのです。

 

2.いかに、相手にインパクトを残すのか?が大事

私が試合で意識しているのは、これ。

「何だ!?この相手は・・・」と、思わせる。

そうすれば、もう試合って勝ったようなものなんですよ。

相手を掌握して、訳の分からないうちに終わらせる。

相手にインパクトを残すには、「想定外」のことが必要。

想定外のこと、で一番有効なのは、「先に攻撃される」ということなはず。

だから先手を取ること、が大事なんです。

同じことをやるにせよ、です。

 

3.先に打てば、成功しなくても相手にダメージが大きい

なぜ、この先手をお勧めするのか。

それは、例え上手くいかなくても積極策として相手の印象に残るから。

試合の最初に打たれたストレートって、試合の最後まで尾を引っ張る。

前衛として、動けなくなるんですよ。

狙いは、そのポイントを取ることじゃない。

あくまで試合の主導権を握る、後衛ならクロスへのショットを打ちやすくするのが狙い、ですから。

 

4.他にはどんな作戦があるだろう?

ダブルスの前衛のポーチ、以外にもあるはず。

何か、先手を打って相手にダメージを与える、有効な策が。

テニスの試合では、これを最初に出来るか、の勇気が一番大事。

ほとんどの人が、なんとなくで試合に入って、全てが後手になる。

主導権も、握れない。

相手にインパクトを残すのは、技の質じゃないですよ。

どのタイミングで、いつ実行するか、です。

 

ダブルスの前衛からすると、嫌ですよね。

動いてもいないのに、あっという間に狙われる。

そして足止めされて、その後もずっと動けない・・・ようになってしまうと、もう仕事が出来ないですよね。

ぜひ、相手が動く前に。

ストレート、に打つなら、先手がベストです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

  2. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

    パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛とし…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手
  2. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い…
  4. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  5. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない
PAGE TOP