テニス メンタル

メンタル

気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い

テニスの試合、気持ちが昂るのは当たり前。

でも、つい昂りが「焦り」につながってしまうことも、ありますよね。

この違い、自分で試合中に気付けるかどうか。

大きなポイントです。

 

気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い

 


 

1.焦りは緊張を呼び、実力を委縮させる

きっと、アナタも経験があるでしょう。

試合中に焦り、緊張して試合を上手く運べなかった経験。

焦りは余計な緊張を生み、試合では良いことはありません。

なぜ、焦ってしまうのか。

それは、試合に勝っていても負けていても、常に意識しておかないといけないポイント。

私は「勝っているとき」と、「負けているとき」で分けて考えるようにしています。

 

2.「試合に勝っているとき」は、そのままのペースでOK!

もし、アナタが試合でリードしたとしましょう。

経験が浅い選手ほど、「このままもっと点差を広げて、早く終わらせよう!」と考える。

でもこれは、危険な発想。

そもそも、一度リードそればその後はそのまま、イーブンのスコア進行でOK。

こう考えると結構楽、ですよね。

1ブレイクを活かして、6-4でセットを獲ればOK、くらいに考えておきましょう。

 

3.「負けているとき」は、まず長いラリーのポイントを増やすことから

負けているときも、焦りは禁物。

まず、テニスでは長いラリーを増やしていく、ことを意識すると良いでしょう。

テニスの試合は、時間切れで試合終了、というルールは無い。

どんなに長い時間をかけても、試合に勝てればそれで良いんです。

だからこそ、負けているときには1ポイントずつ、長いラリーで相手としっかり打ち合う、その中で撮れるポイントを増やしていく。

相手からすると、さっきも書いたように「早く終わりたいのに!」と思って逆に焦ってくれるかも知れない。

負けているときは、焦らずじっくり、あえて腰を据えてみる。

ことで勝機が見いだせるかも知れません。

 

焦っている自分に、まず気付くこと。

そして冷静に自分と会話して、勝っているとき、負けているとき、正しい選択をしていくこと。

きっと、準備出来れば試合は変わる。

焦って緊張して、自滅していく自分を越えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    練習で、しっかり「自信の土台」を作れているか?

    皆さんは、何のために練習、するのでしょう。もちろん、試合で勝つ…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  3. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

    大事な試合、団体戦の2-2での1本、マッチポイントを握られた時・・・テ…

  6. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが…

    強い相手、シード選手相手の試合だと、自分に余裕が無いと感じること、あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない
  3. その他

    T-PRESS CUP 2019.8 開催します
  4. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
PAGE TOP