テニス 試合

メンタル

テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

大事な試合、団体戦の2-2での1本、マッチポイントを握られた時・・・テニスの試合では、緊張の連続です。

いつも通りに!と思えば思うほど、負の連鎖にはまってしまった経験、ありませんか?

今回は、難しいかも知れませんがこの「緊張感」のコントロールを目指して、具体案を準備したいと考えてみました。

あくまでトライですので、皆さんもぜひ一緒に考えてみて下さい。

 

テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

 


 

1.試合中に「相手と会話する」イメージを持つ

対戦相手と、ラリーを通じて「会話」が出来るとリラックスできます。

「バックハンドは苦手かな?」

「ネットプレーは?」

「サーブは得意なんだねー」

という感じで、実際に話す訳ではありませんが、漠然と打ち合っていては大事な場面で緊張してしまいがち。

相手も同じ大会に出ている人間、どんなに強い相手でも必ず付入る隙はあります。

 

2.自分のリズムを作る、相手より後にポジションに入る

テニスの試合では、2人で呼吸を合わせてポイントを開始します。

早いテンポで試合をしたがる選手もいますが、アナタが合わせる必要はありません。

自分のペースで、心を静めて作戦を考えて、セットポジションに入るようにしてみましょう。

焦りは緊張を生みます。

迷いが焦りを生む最大の要因ですので、迷いを無くしてポイントを始める習慣を付けていきましょう。

 

3.相手も緊張していると思い込む

試合では実際、自分以上に相手も緊張しているケースが多いです。

特に相手のマッチポイントのとき。

緊張しているのは、間違いなく相手のほうです。

そう考えると、気持ち的に少し楽になりませんか?

 

4.緊張感を感じたら、1ポイントだけ思い切り攻撃的にプレーしてみる

緊張感が高まって身体が動かなくなっていると感じたら、1ポイントは思い切ってラケットを振ってみましょう。

またはネットプレーに出る、というのも有りですね。

とにかく「身体を思い切り動かす」ことで、緊張感が解けて吹っ切れることができるケースもあります。

そのポイントは落としても気にしない。

大局を考えた試合の中での一部として捉えましょう。

 

5.自分の強みを思い出して戦う

緊張感は、自分の自信を失いかけたときに急激に襲ってきます。

その波を止めるには、自分自身を信じてあげることしかありません。

積み重ねてきたことや、練習を思い出しましょう。

そして自分の得意な型、パターンに配球をもっていくことが大切です。

 

どんなに大切な試合も、結果は勝ちか負けしかありません。

残酷ですが、テニスの試合は辛く厳しいもの。

それでも、極端な話かも知れませんが、負けて命を取られる訳ではありません。

試合を楽しむ気持ちを、どこかで持てるよう工夫しましょう。

今回ご紹介したポイントも、少しでも楽しんでテニスの試合ができるような工夫にすぎません。

アナタ自身でも、緊張感のコントロール方法、ぜひオリジナルで考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終わる

    最近、後輩と話していて違和感があるのが、コレ。試合に負けたのに…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です

    試合の中で、相手を威嚇する。これって、私は必要なことだと思うん…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け

    何も問題無いのに、焦ってしまう。試合で、実はこういう悪循環に陥…

  6. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

    テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。第1シ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  3. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない
  4. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
PAGE TOP