テニス メンタル

メンタル

テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分で養うしかない

私なりに、テニスで使えるテクニックや戦術を、このT-PRESSのサイトでは書いてきたつもりです。

ですが、その内容は基本的に文章だけ、ヒントだけ。

アナタ自身で、想像して試してみる。

勇気を出して、試合の中で使ってみる。

アナタ自身を動かす心、ハートは、自分で鍛えていくしかないのです。

 

テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分で養うしかない

 


 

1.心の鍛え方は、誰も教えてくれない

私は思うんです。

メンタルが強い、ハートが強いという選手は、その方法を誰から教わった訳でも無い。

もちろん、影響を受けた人やヒントをもらった人はいるでしょう。

でも最後は自分で気付いて、自分を変えて、結果的に強くなってきた。

その心の鍛え方は、その人の生き方そのもの。

だから決まった鍛え方も無いし、なかなか教えられるものでもない。

アナタ自身で、大きな「衝撃」に出会うしか無いのです。

 

2.「叱ってくれる人」を、ただ怒っている人、キレている人、と解釈する人たち

私が危機感を覚えているのは、最近の学生の皆さんのこの態度。

せっかく親身になって叱ってくれている人に対して、ただ感情的になっているだけだと勘違いしている。

キレている、という言葉をすぐに使いたがるのですが、キレているのはアナタ自身。

アナタ自身が、人の意見や考え方を聞こう、受け入れようという気持ちがキレているのに気づいていない。

これでは、心の強さなんて絶対に身に付かない。

誰かから影響を受けるとき、それは本気でアナタ自身のことを考えて叱ってくれる人がいるとき、が多いはずです。

 

3.「恥を知る衝撃」を、最近経験しましたか?

私自身、まだまだたくさんある。

仕事でもテニスでも、プライベートでも、「恥ずかしいな」と感じるようなことは多い。

その多さ、こそ、私の数少ない長所だと思っています。

恥を知らない人には、何を言っても響かないし、危機感が無い。

衝撃を受けるくらい、人が言っていることを受け入れようという気持ちが無い・・・のって、やっぱり損ですよ。

自分自身で恥を知って、衝撃を受ける。

テニスの上達に、このタイミングは絶対に欠かせないのです。

 

一番良いきっかけは、外の世界に出る事。

テニスでも良いし、勉強でも仕事でも何でも良い。

毎日同じことの繰り返し、が心を弱くして危機感をマヒさせていく。

テニスの試合に強い、本物のテニス選手になりたいのであれば、アナタ自身見つめ直してみましょう。

きっと光が見えてくるはずです。

ただし、険しい道です。

険しいからこそ、挑む価値があるのです。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

  2. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

  3. テニス 練習

    メンタル

    ネット際のボールって、避けておくべき?

    みなさんは、自分のファーストサーブがフォルトしたとき。そのボールが…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

    仕事に勉強に、人間関係・・・。私たちが生きていくのに、ストレス…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  2. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない
  4. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?
  5. その他

    得られたモノに、目を向ける
PAGE TOP