テニス メンタル

メンタル

テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分で養うしかない

私なりに、テニスで使えるテクニックや戦術を、このT-PRESSのサイトでは書いてきたつもりです。

ですが、その内容は基本的に文章だけ、ヒントだけ。

アナタ自身で、想像して試してみる。

勇気を出して、試合の中で使ってみる。

アナタ自身を動かす心、ハートは、自分で鍛えていくしかないのです。

 

テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分で養うしかない

 


 

1.心の鍛え方は、誰も教えてくれない

私は思うんです。

メンタルが強い、ハートが強いという選手は、その方法を誰から教わった訳でも無い。

もちろん、影響を受けた人やヒントをもらった人はいるでしょう。

でも最後は自分で気付いて、自分を変えて、結果的に強くなってきた。

その心の鍛え方は、その人の生き方そのもの。

だから決まった鍛え方も無いし、なかなか教えられるものでもない。

アナタ自身で、大きな「衝撃」に出会うしか無いのです。

 

2.「叱ってくれる人」を、ただ怒っている人、キレている人、と解釈する人たち

私が危機感を覚えているのは、最近の学生の皆さんのこの態度。

せっかく親身になって叱ってくれている人に対して、ただ感情的になっているだけだと勘違いしている。

キレている、という言葉をすぐに使いたがるのですが、キレているのはアナタ自身。

アナタ自身が、人の意見や考え方を聞こう、受け入れようという気持ちがキレているのに気づいていない。

これでは、心の強さなんて絶対に身に付かない。

誰かから影響を受けるとき、それは本気でアナタ自身のことを考えて叱ってくれる人がいるとき、が多いはずです。

 

3.「恥を知る衝撃」を、最近経験しましたか?

私自身、まだまだたくさんある。

仕事でもテニスでも、プライベートでも、「恥ずかしいな」と感じるようなことは多い。

その多さ、こそ、私の数少ない長所だと思っています。

恥を知らない人には、何を言っても響かないし、危機感が無い。

衝撃を受けるくらい、人が言っていることを受け入れようという気持ちが無い・・・のって、やっぱり損ですよ。

自分自身で恥を知って、衝撃を受ける。

テニスの上達に、このタイミングは絶対に欠かせないのです。

 

一番良いきっかけは、外の世界に出る事。

テニスでも良いし、勉強でも仕事でも何でも良い。

毎日同じことの繰り返し、が心を弱くして危機感をマヒさせていく。

テニスの試合に強い、本物のテニス選手になりたいのであれば、アナタ自身見つめ直してみましょう。

きっと光が見えてくるはずです。

ただし、険しい道です。

険しいからこそ、挑む価値があるのです。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

    テニスの試合で、大逆転を経験する。される方も、する方も、きっと…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする

    みなさん、一緒にテニスをしていて・・・こういう雰囲気の人、どう思います…

  3. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

    テニスの試合、メンタル勝負。でも、言ってみれば試合の現場で強い…

  4. メンタル

    「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

    得意なショットと不得意なショットがある。でもそれはね、意外と最…

  5. テニス 雨
  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理由について

    ゲームポイント、セットポイント、マッチポイント。ポイントと名前…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ
  3. ダブルス

    繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません
  4. テニス リターン

    リターン

    試合でリターンが全く入らなくなったときには、「まずサーブの落下地点をしっかり見る…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
PAGE TOP